ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【追悼】まど・みちおさん 104歳 - 「ネコ」の詩

ほんとは今日は、別のネタをブログで展開しようと思っていたのですが、
思いがけず訃報が飛び込んできたので、急遽変更です。

「ぞうさん」「やぎさん ゆうびん」「一ねんせいに なったら」などの
童謡の歌詞で有名な詩人、まど・みちおさんが
本日の午前9時9分に天に召されました。享年104歳、老衰による大往生!
でも、やっぱり悲しくて、ねこねーさん、ちょっと泣きそうです。。

Yahoo! Japan(2月28日):詩人まどみちおさん死去 104歳、「ぞうさん」など

100歳を超えてからも旺盛な創作活動を続けていたまどさんですから、
きっと天国でも詩を書き続けて、そのうち「天国詩集」とか出版しそうですね。
亡くなられたニュースは、さすがに悲しいけれど、
「ねこねこNEWS」でも、天国でのまどさんのご活躍を祈って、
ばっちり追悼させていただきますよー!

というのも、こんなタイトルの本があるのですよ↓



  ネコとひなたぼっこ

    まど・みちお(詩)
    柚木 沙弥郎 (イラスト)

    理論社 (2005/09)
    [単行本]

(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)

これは、95歳のときにまどさんが書き下ろした「おじいさん詩集」。
全編ねこの詩というわけではないのですが、
おじいさんの日常と胸の内を詩に綴った、まどさんらしい詩集です。

なーんて、わかったふうに書いてますが、ねこねーさんは、これ、読んだかなぁ?
まどさんの詩集は、2010年に川崎ミュージアムで開催された
「まど・みちお え てん—ある詩人の100年の軌跡、童謡・抽象画・詩— 」
を観に行った後に図書館で何冊か借りて読んだのですが、まとめて読んだので
どれを借りたか忘れてしまいました。。また改めて借りようかな?

星の数ほどあるまどさんの詩の中には、
もちろん「ネコ」がタイトルの詩もあります。

ネコ   まど・みちお

あくびを するとき
ネコのかおは花のようになります

だれも 見ていなくても
じぶんにも 見えなくても

でも るすばんの ざしきで
ネコが かおを
クレオメの 花にしたとき
それを 見ていました

たたみのイグサの 一ぽん一ぽんが
しょうじの さんの 一ぽん一ぽんが
てんじょうの木目の 一ぽん一ぽんが
かおを すりよせるようにして



ちなみに、あくびをしたときのネコの顔はこんな感じ↓

tumblr_static_cat_yawn_by_neo_zox-d3dae3y.
Photo: tumblr.

詩の中の「クレオメ」っていうのは、セイヨウフウチョウソウのこと。
「セイヨウフウチョウソウ」といってもピンとこない方のために、
こんなお花です↓畑の角とかに、たまに咲いていますよね。

380px-Cleome_speciosa3
             Photo:Wikipedia


うん、たしかにこのピンピン飛び出たところは、
にゃんこのおヒゲみたいですよね。
こんど、わが家のビビ子さんがあくびをしたときに、
「クレオメの花のようだね♪」といってあげるとよろこぶかもしれない(笑)

こちらは、にゃんこのあくびシーンのスローモーション。
クレオメのお花が全開になる様子がよくわかります↓



続いて、こぶりな、ちびにゃんこのクレオメの数々↓



それとも、訃報のしんみりムードを吹き飛ばすくらいの、
これくらい元気なほうがいいかな?↓



ねこねーさんは、小学校1年生のときの教科書に載っていた
まどさんの詩がすごく印象に残っていて、それ以来、国語が好きになって
文章を書くのが好きになったような気がしています。
(あと、国語の教科書の宮沢賢治にも影響されたかな)

なので、まどさんの詩は、ちょっと大げさなのですが、
何かあったらそこに戻る、原点っぽい感じがして、
個人的にとてもありがたい存在なのです。

天国へ召されたまどさん、どうか安らかに。
天国から地上のねこたちを観察して、またユニークなたとえの
にゃんこの詩を書いてください。

ねこねーさんは、今年は「クレオメ」の花の種をお庭にまいてみようかな♪


thankyou5.jpg

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ

クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!
The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。



スポンサーサイト

| ねこほん | 13:38 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/925-bc72fa7f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>