ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

続々開店!猫カフェ、世界へ。

まずはじめに…
おかげさまで「ねこねこNEWS」の訪問者カウンターが
にゃんこキリ番の「222222」を突破いたしましたっ!

いつもご訪問いただいているありがたい方々、
今日たまたま迷い込んで閲覧しちゃった方も含めて、
みなさま、ありがとうございます♪

いやぁ、前回のキリ番のとき(200000突破のときかな?)に
222222を迎えたら、キリ番突破のプレゼント企画でも♪なーんて
思っていたくせに、今朝ねこねーさんがブログを開いてみたときには
すでに222262と40番も超過しておりました…うーん、しまった!

現状、またプチ多忙期に突入しておりまして、スペシャル企画をする余裕がなく…
これはまたもや、次回に持ち越しですね。。。

「ねこねこNEWS」は、ねこ関連ワードの検索からのご訪問も多いので、
それだけ世の中的に、にゃんこ人気がキープされているという証なのかなぁ、
とも思ってみたり。

じつは、ねこ人気は今、日本から端を発して世界にも次々と飛び火しているのですよ。
3月に入ってから、オンラインのねこ関連ニュースで話題沸騰しているのが、
今月1日に開店したロンドンの猫カフェ第1号店、
「レディー・ダイナズ・キャット・エンポリアム(Lady Dinah's Cat Emporium)」

日本でおなじみの猫カフェは、すでに世界の国にも広まっておりますが、
意外にもロンドン進出はまだだったんですね。

場所は、ロンドンのイーストエンドにあるベスナル・グリーン。
ロンドン留学中にねこねーさんも一瞬だけ住んだことがある町です。
雰囲気的には、ちょっとクセのあるオシャレな下町って感じでしょうか。

猫カフェ第1号は、もっと都心の繁華街でオープンしても良さそうですが、
こちらのお店は、オーストラリア出身のローレンス・ピアースさん(31)が
クラウドファンディングで開業・運営資金を募って開店までこぎつけた努力の賜物。

そう考えると、ロケーション的にベスナルは妥当なのかな、と
妙に納得してしまいます。

こちらが、その猫カフェの受付のお写真↓
いかにも英国の小洒落たお店っぽい雰囲気ですね。

article-2571003-1BF4CB1400000578-445_634x421

店内では、11匹のねこさんたちがお出迎えしてくれるようですよ。
こんなオシャレなPVもアップされています↓



猫カフェが一般化している日本では信じられないことですが、
このお店、3,000人もの猫好きさんたちがテーブルの予約をしようと
HPに殺到したほど、いま話題沸騰の猫カフェなのです。

猫グッズも充実しているようなので、そんなところも人気なのかな?
こちらのマグネットはHPでも販売しています↓

LadyDinah'sCatEmporium_magnetset

レディー・ダイナズ・キャット・エンポリアムのHP(英語)はこちら:
Lady Dinah's Cat Emporium

関連記事はこちら↓
Mail Online(3月1日):Cafe purrcolater: Inside London's first cat cafe as bizarre fad for serving hot drinks with kittens hits the capital
日本語の記事はこちら↓
ねこらぼ(3月4日):ロンドンもぬっこぬこにしてやんよ! 初の猫カフェがオープン

今後はきっと、2店目、3店目とロンドンにも猫カフェが増えていきそうですね♪
ロンドンへの猫カフェ進出を記念して、世界の猫カフェ事情も
動画でご紹介しておくと…

[ハンガリー]ブダペストの猫カフェ↓


[タイ]バンコクの猫カフェ↓


こちらもバンコク↓


[韓国]ソウルの猫カフェ↓


さらに猫カフェ後進国のアメリカでも、
ブームに火がつくのは時間の問題みたいですよ。

こちらは米サンフランシスコに猫カフェを作るために
クラウドファンディングで資金集めをしている方々のキャンペーンビデオです↓



関連記事はこちら↓
sfist(3月4日):Forthcoming Cat Cafe Needs Your Donations To Become A Reality

LAでも同様の動きがあるみたいですね↓
Anime News Network(3月4日):Los Angeles Might Get Its Own Cat Cafe Too

じつは、ねこねーさんも、空き部屋ばかりで無駄の多い自分の家を
猫カフェ化したいなぁ♪とずっとずっと思っているのですが、
でも住宅地ど真ん中のロケーションだし、駅から遠くて駐車場もないしなぁ…とか、
不安要素がいろいろあって、なかなか具体的に進められないでいるのです。

ま、大きなところは、やっぱり資金面なのですが、
個人的に時間料金を取るタイプの日本の猫カフェは、
あんまり好きじゃなかったりして(苦笑)

といっても、実際の猫カフェは2、3件しか行ったことがないので、
リサーチ不足なんだと思いますが、訪問した時間にもよるのでしょうが、
お店にいるにゃんこたちが、なんだか、みニャさん、ぐったりしている。。
覇気がないというか、つまんなそうというか…

いきいきと楽しそうにしているのは、
にゃんこよりも、お客さまたちだったりして、
うーん、なんだかなぁ…と感じてしまったのですよ。

最近、日本で増えてきた里親募集タイプの猫カフェなら、
営業する意味もあるかなぁと思い直したりしているですけどね。

わが家の3ニャンにご協力いただくにしても、
物怖じせずにお客様の相手をできるのはアンチョ先生だけだし…

「猫カフェ」というよりも、「猫がいるカフェ的な店」レベルで
実験的に開始できるといいんですけどね。ただ実際に営業するとなると
お役所への登録とか、間取りの制限とかいろいろあって、
お務めガールのねこねーさんには、なにかとハードルが高いのですよー!

ま、とりあえず焦らずに、今年は家の中とお庭の断捨離でもして、
夢に向けてノロノロと前進しましょー!
ブログのほうも、次のキリ番目指して頑張りますので、
引き続き、みなさま、よろしくお願いいたしまーす!


thankyou4.jpg

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ

クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!
The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこにゅーす | 13:16 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/931-f468151c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>