ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛猫ちゃんのストレス、大丈夫?

「ねこねこNEWS」のFacebookページでは昨夜シェアさせていただきましたが、
日本の猫カフェの営業時間の緩和措置(夜10時までOK)が
環境庁により正式に延長されました。

ペット関連事業については、不平不満を直接訴えられない生き物たちが
ビジネスに関与しているので、人間相手のビジネスとはまた別の配慮が
必要だと思うのですが、でもそれは、猫カフェや
その他のペット産業だけの話ではありませんよね。

おうちで暮らすにゃんこたちだって、飼い主さんの勝手な都合や
間違った認識で、ストレスを感じていることも多いはず…

今日は少し真面目に、飼い猫ちゃんのストレスについて考えてみましょー!
というのも、ちょうど気になる調査結果が目についたのですよ。

それは、わが家の3ニャンもお世話になっているキャットフード
「サイエンス・ダイエット」でおなじみの日本ヒルズ・コルゲートが、
ねこの飼い主さん(20代以上の男女)536名を対象に先月実施した
「愛猫のストレスと病気に関する意識調査」。

こちらのリンクに、その結果がまとめられているので
お時間のある方は、ぜひご一読を↓

毎ナビニュース(3月17日):
猫は飼い主の●●で、3頭に1頭以上の体調に異常が生じている

[図1]にある「人見知り」は、小さい頃に育った環境によるのかなぁ。
わが家でも、ルビ+ビビ姉妹は、ねこねーさん以外の人間への免疫が
ほぼゼロなので、人見知り度がハンパないです…

一方、アンチョ先生は、ねこねーさんの英国留学時にロンドンでシェアしていた
フラットで幼少期を過ごしたので、同居人のお姉さまや遊びに来たお友達に
可愛がってもらって、人慣れしてますからね。
家にお客様が来ても動じず、逆に挨拶しに行きます♪

とはいえ、現在の自宅にお客様が来ることなんて、めったにありませんから、
ルビ+ビビ姉妹もアンチョ先生といっしょに、毎日いきいきと過ごしております。
今のところ、おしっこの病気もなさそうだし、3ニャンとも
ストレスフリーで暮らしていると信じたいなぁ。

記事の最後の[図7]のところに書かれている
「愛猫と暮らす際の家の中の理想的な環境」については、
ちょうど同様の内容をアニメで説明しているYouTube動画がありました。

内容が日本ヒルズ・コルゲートの記事とカブってるかも…と思ったら、
これは同社の英国支社が制作したものだったのですね。

ナレーションは英語ですが、アニメーションなのでとてもわかりやすいです。
英語タイトルのざっくりした意訳も、リンク画面の下に載っけておきますので、
あわせてご覧ください↓



[Tip1]ひっかき欲求を満たすために、爪とぎを用意しましょう。

[Tip2]十分に広さのあるトイレを、いつもピカピカにしておきましょう。

[Tip3]運動場(遊び場)を作りましょう。

[Tip4]窓辺の席を用意しましょう。

[Tip5]お行儀よくしていたら、ほめてあげましょう。

[Tip6]愛猫ちゃんは、上下に移動できますか?

[Tip7] トイレとごはん皿置き場は離して設置しましょう。

[Tip8] 飼い主さんがエクササイズのコーチ役をつとめましょう。

[Tip9] ひとりになれる場所を確保しましょう。

[Tip10] ごはん皿とお水、トイレは、にゃんこの頭数分、用意しましょう。


わが家の現状と照らし合わせると…うん、90点ってとこかな?
[Tip10]だけが×でした。うちでは、カリカリ用の器はふたつ、
お水はファウンテン式の大きな容器がひとつです。

ちなみにファウンテンは、停電が怖いので現在は稼働させていません。
容器だけ、バケツ代わりにお水入れとして使っています。

ごはんもお水も3ニャンが一斉に群がることはまずないので、
このままでも問題なさそうなのですが、ごはん皿、3つ用意すべきかな?
ごちそうメニューのウエットフードのときは、分けてるんですけどね。

トイレは3つありますが、ルビちゃんとビビちゃんは同じピンクのトイレを共有。
アンチョ先生が、残りふたつを大用と小用で贅沢に使い分けています(苦笑)
乙女にゃんこたちが、兄さまに気を遣ってる感じかも?

うーん、でも、みニャさん、大きいほうも小さいほうも、毎日バッチリ
出るモノ出てますから、ストレスってほどじゃないと思います。

わんこと違って、にゃんこにとって特に大切なのは[Tip6]にある上下の移動。
つまり、キャットタワーみたいな縦方向の居住空間の確保ですね。
キャットタワーの設置は場所をとりますが、
[Tip9]のひとりになるスペースも確保できるし、
ねこちゃんたちにはストレス解消の大切な場所なんですね。

海外の例ですが、にゃんこにすべてを捧げている飼い主さんの中には、
こーんな、お猫さま最優先住宅を作ってしまった方もいらっしゃるようですよ↓



ねこグッズもいっぱいの、にゃんこな館!
猫でなくても、見ているだけで楽しくなっちゃいますね。

みなさまも、今週末の三連休にでも
愛猫ちゃんのストレス解消のためにひと工夫を♪

わが家は、にゃんこたちは比較的恵まれた条件で暮らしていると思いますが、
鳥さんたちがねぇ…ウロコインコのビッケちゃんとか、
とんでもなく夜更かしさせちゃってるし。。

ま、ご本鳥は、いつもいたってハイテンション&ゴキゲンで、
3ニャン以上に元気なんですけどね。

もうすぐ4月。新たな決意を実行にうつすチャンスですから、
ねこねーさん自身も含め、おうちのみんなが
ストレスフリーで暮らせる健やかな毎日を目指したいぞー!


thankyou3.jpg

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ

クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!
The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこにゅーす | 13:34 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/945-f264d5ea

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>