ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

銅像になったにゃんこ、ハミッシュ・マクハミッシュ

本日の「ねこねこNEWS」は、英国はスコットランド発の
にゃんこと人のちょっといいお話です。
「人」というより「町」といったほうがいいかもしれませんね。

舞台は、英国のスコットランドにある町、ファイフ(Fife)。
聞き慣れない名前ですが、ゴルフ好きの方は、ゴルフの発祥地
セント・アンドルーズ(St. Andrews)のある町としてご存知なのかも。

この町に先日、とあるにゃんこの銅像がたてられました。
ちょうど渋谷の駅前にあるハチ公像みたいな感じの、立派な像です。

英国版の忠犬ハチ公といえば、スコットランドの首都
エディンバラの街に銅像がある実在のわんこ、
グレーフライアーズ・ボビーが有名ですね。

このスカイ・テリアのボビー君については、
旅行のガイドブックにも載っていたりするので、
比較的、知名度が高いかもしれませんね。

ねこねーさんもエディンバラは大好きな街で、
英国留学中に何度か訪問しておりまして、
お友達からもらったボビー君の絵本も持っていたりします。

そんな超有名な忠犬ボビーの後に続けとばかりに、
このたび、同じくスコットランドのファイフの町に
威風堂々たるにゃんこの像が登場したのですが、じつはこの像の
モデルになったお猫さまは、まだまだ元気に在命中。

忠猫どころか、10年以上前に家出して、
街中で放浪生活を始めてしまったゴロツキにゃんこなのです。

14歳のオス猫、ハミッシュ・マクハミッシュ(Hamish McHamish)君は、
元イエネコ、現ノラネコ。とはいえ、厳しい暮らしを強いられている
一般的なホームレスにゃんことは違って、
町中を自分のおうちにしてしまった自由きままな放浪にゃんこ♪

おうちに帰らなくなってからというもの、町の至る所で
人々に愛され、可愛がられ、ごはんをもらい、なでなでされて、
町の守護猫のような存在になっているのでした。

そしてついに、エディンバラのボビーのような銅像を作ろう!という
話までもちあがり、町の人たちの寄付金5,000ポンド(約85万円)で
こんな立派な像までできてしまった。

こちらが、そのお披露目ホヤホヤのハミッシュ像↓
とってもいいお顔でしょう?

Hamish1
Photo: DC Thomson/ Kim Cessford

オープニング・セレモニーでスピーチをした
ジム・ルイシャム市長もとてもうれしそうです↓
ハミッシュ君、しっぽもフサフサのロン毛にゃんこなんですね♪

Hamish4
Photo: DC Thomson/ Kim Cessford

でも、ご本ニャンはというと…セレモニーの人混みが苦手なようで、
ベンチの上で恥ずかしがっているのかな?お顔が見たい〜!↓

Hamish3
Photo: DC Thomson/ Kim Cessford

町の子どもたちも、ハミッシュ君が大好き。似顔絵もいっぱいです。
机の上にあるのは、きっと募金箱ですね↓

Hamish2
Photo: DC Thomson/ Kim Cessford

動画もありますよー!↓
ハミッシュ像は台座の隅っこにたたずんでいる、いかにもにゃんこらしいレイアウト。



動くハミッシュ君が見たい!思って探したら、
セレモニーの様子を撮影した、ちょっと長めの動画がありました。
映像の最後のクレジットによると、どうやら撮影されたのは、
英国在住の日本人の方みたいですね↓



2:54に登場するご婦人が、家出息子ハミッシュ君のママさん、
元BBCのプロデューサーのマリアンさんなのかな? 
自ら放浪の人生を選んだハミッシュ君のことを、いままで陰ながら
見守り続けて来た彼女。とてもうれしそうなお顔をしています。

FacebookやTwitterはもちろん、ウィキペディアにまで掲載されている
正真正銘の有名にゃんこ、ハミッシュ・マクハミッシュ。

ちょっと覚えにくい名前だけど、町の人たちの愛情に包まれて、
彼はこれからもファイフの町を寝床にしながら、
しあわせな外猫ライフを送っていくのでしょう。

FacebookHamish Mchamish of St Andrews
Twitter Hamish McHamish @hamishstandrews
WikipediaHamish McHamish

そのうち映画にでもなっちゃいそうですねぇ♪
忠犬ハチ公やグレーフライアーズ・ボビーみたいな感動ストーリーもいいけれど、
三食昼寝付きの放浪ライフで、ちゃっかり銅像まで立ててもらっちゃった
ハミッシュ君の物語も、いかにも猫らしくって好きだなぁ。

14歳とシニアなお年頃の町の守護猫。
ねこねーさんは、ハミッシュ君が元気なうちにまた英国に行って、
そのモフ毛をなでなでさせていただきたいなぁ♪

関連記事はこちら↓
Time(4月7日):Scottish Town Raises $8,000 for Statue of Stray Cat
The Courier(4月7日):St Andrews pays tribute to famous feline Hamish McHamish
Philly.com(4月7日):Scottish town to commemorate cat in bronze


thankyou3.jpg

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ

クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!
The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこにゅーす | 13:50 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/966-785f2723

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>