ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ハリポタのプロデューサーも参加!『ウォーリアーズ』映画化

まずはじめに、今朝の地震と津波にはビックリしましたね!

ねこねーさんは、たまたまといいますか、例の如くといいますか、
昨晩はまたもやリビングのマッサージチェアの上で寝堕ちてしまいまして、
おなかの上のトトちんの重みにうなされて目がさめたのは、朝の4時半。。

慌ててお風呂に入って、アフリカワシミミズクのガボちゃんにごはんをあげて、
ブログの下書きをしていたら、あの地震!なので、バッチリ起きていたのです。
縦揺れなのか、妙に長くて気持ち悪い揺れだなぁ…と思ってテレビをつけたら、
その瞬間から、津波速報がエンドレスで流れ続け、
東日本大震災の当時の報道が頭のなかに蘇ったようでした。

今のところ、深刻な被害はなさそうなので、とりあえず、ひと安心ですが、
わが家では、ビビ子さんが地震のせいなのか、朝ごはんの時間に
雲隠れしてしまって困りました。会社に行く準備をしていたら、
クローゼットの奥から姿を現したので、ギリギリごはんをあげることが
できましたが、きっと突然の大揺れに驚いてしまったんでしょうね。

そんな地震に見舞われる直前に、ねこねーさんがワクワクしながら
読み込んでいたのが、今日のブログで取り上げる新作ねこ映画のニュースです。

ついに明日からJ・K・ローリング脚本の『ハリー・ポッター』新シリーズ第1弾、
映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が公開されますが、
個人的には、「新シリーズは邪道!」とまでは言わないにしても、
「『ハリポタ』は完結したじゃないか!今さら、スピンオフなんて…」と
オリジナルシリーズのファンならではの反感を抱いていたりします。
(とかなんとか言いながら、おそらく新シリーズにもハマってしまいそうですが…笑)

映画やドラマの続編や安易なリバイバルって、
アイデアの焼き直し感が強くて、イマイチ好きになれないんですよね。
その点、今日お伝えするネタは、ねこねーさん同様、ファンタジー映画の
新たな切り札に飢えているみなさんには、ビッグニュースですよ!

それが、こちら↓

warriors14391
Source:warriorcats.com

エリン・ハンター原作の、森に暮らす野生のねこたちが主人公の
ファンタジー小説シリーズ『ウォーリアーズ』の映画化に、
新シリーズを含む『ハリポタ』映画の立役者であるプロデューサーの
デヴィッド・ハイマン氏が乗り出したのです!

といっても、この『ウォーリアーズ』のことをそもそもご存知ない方には、
「なんのこっちゃ?」という感じだと思うのですが、
かく言うねこねーさんんも、今回のニュースを読んで初めて
『ウォーリアーズ』のことを調べてみたりしています(笑)

なので、まったくもって、大きなことは言えないのですが、
この児童向けのファンタジー小説は、2003年の1作目の発売以来、
世界中で3,000万冊を売り上げている超ヒット作!
現在までに英語の原作は、第5期までの作品が発表されており、
それぞれ各6タイトルずつ、計30冊もの本が出版されている大作なのです。

もちろん、日本語版も出版されています。
翻訳の関係で、国内の出版はちょっと遅れているみたいで、
日本では今年の夏に第4期の2作目が出版されたようですね。

ちなみに、こちらが第1期1作目のポケット版の表紙です↓



(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)

ウォーリアーズ
〈1〉ファイヤポー、野生にかえる (Warriors)


エリン・ハンター(著)
小澤 摩純 (イラスト) 金原 瑞人 (翻訳)

小峰書店; ポケット版 (2009/02)
[単行本](ソフトカバー)


第1期の残りのタイトルの表紙(ポケット版)はこんな感じ↓
(5巻目の画像は抜けています)


(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)

表紙を見ただけすぐにわかる、安定のにゃんこ全開感!

こんなねこファンタジーどまんなかなシリーズがあることを、
なんで今まで知らなかったのかと、
海より深く反省するねこねーさんなのでした。

でも、映画化はこれからですから、今から読み始めれば、
映画が公開されるまでには、十分に『ウォーリアーズ』通になれますね♪

映画のほうは、中国の映画製作&配給会社であるアリババ・ピクチャーズが
原作の映画化権を取得しているのですが、このたびプロデューサーを務めることが
決まったハイマン氏によると、どうやらアニメではなく、
実写の3D作品になる可能性が高いそうです。

まだ脚本も書かれていない段階なので、仕上がりについては、
なんとも言えませんが、なんとなく『ハリポタ』風なマジカルにゃんこワールドを
想像してしまうのは、ねこねーさんだけではないはず。

こちらは、参考にした記事にリンクされていた動画です↓
英語のオリジナル版小説の公式トレーラーみたいですね。



アリババが今回の映画化をイメージして製作したと思われる
こんなビジュアルもあったりして↓

warriors-20161120_092416-med-ret

『ウォーリアーズ』の中国語訳「猫武士」が妙にかっちょいい!
このタイトルのままで、日本でもいけそうですね。
あ、『猫侍』とドンかぶりか(笑)

関連記事はこちら↓
Variety(11月19日):China’s Alibaba Signs ‘Harry Potter’ Producer David Heyman for ‘Warriors’ Film
Gizmode(11月20日):Harry Potter Producer Joins Warriors, a Movie About Fighting Cats
CNET(11月20日):Pawsome! Harry Potter producer joins 'Warriors' fighting cat film

ねこねーさんは『ハリポタ』シリーズも英語で読んだので、
できれば、これも英語の原作を読みたいのですが、冊数も多いしなぁ。。
図書館で借りるほうが節約できそうなのですが、
地元の図書館にはポケット版がないのが残念です。

やっぱり英語のKindle版がいいかも…と思いつつも、
とりあえず先ほど、図書館で1作目を予約してみました(笑)
ひとまず試しに読んでみたいと思います。

ここ数年、世界的に空前のねこブームですが、
『ウォーリアーズ』が映画化されるとなると、この先も
まだまだブームは続きそうですね♪


thankyou2.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこむーびー | 13:04 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

美ニャンの演技にも注目!スウェーデン映画『幸せなひとりぼっち』

英国では現在、ホームレス男性とにゃんこの絆を描いた、実話を基にした映画
『ボブという名のストリート・キャット』(原題:A Street Cat Named Bob)が
絶賛公開中!11月4日のプレミアには、会場にキャサリン妃まで登場して
大いに盛り上がったようですよ。日本公開はいつになるのかなぁ?
来年早めだと、うれしいんだけどなぁ♪

でも、ねこねーさんは、お楽しみは後にとっておくタイプなので、
大本命のねこ映画の上映を待つ間に、別のにゃんこ映画を楽しんでしまおうと
思います。本日ご紹介するのが、そのうちのひとつ。

その映画には、素朴な雰囲気の茶トラにゃんこのボブ君とは、また違った魅力の、
モフモフゴージャスな、こんなお猫さまが登場するのです↓

249348
(C)Tre Vanner Produktion AB. All rights reserved.

このブルーアイズのラグドールにゃんこが活躍しているのは、
スウェーデンで記録的な大ヒットを記録した映画『幸せなひとりぼっち』↓
(原題:En man som heter Ove、英題:A Man Called Ove)
日本では、12月17日から公開されます。

249352
(C)Tre Vanner Produktion AB. All rights reserved.

スウェーデンの人気小説家フレドリック・バックマンのデビュー作を映画化した
この作品は、本国で5週連続ボックスオフィスの1位の座に輝く快挙を達成。

気になる映画のあらすじは…

愛する妻と死別した頑固な初老の男性、オーヴェ↓

249347
(C)Tre Vanner Produktion AB. All rights reserved.

気難しさから町の厄介者になり果てた彼は、孤独に耐えかねて
自殺を決意するものの、近所に引っ越してきたお騒がせ一家のおかげで
それどころではなくなってしまい、挙げ句の果てに、にゃんこまで飼う羽目に陥り…

249350
(C)Tre Vanner Produktion AB. All rights reserved.

さらに詳しいストーリーについては、後ほどリンクする映画の公式HPで
ご確認いただきたいのですが、参考にした記事によると、この美猫ちゃんが、
いい感じの役所を演じていることは間違いなさそうです。

249349
(C)Tre Vanner Produktion AB. All rights reserved.

本作を手がけたハンネス・ホルム監督は、
「この映画の原作小説のファンは、猫のファンである」とも語っているようで、
にゃんこの存在が映画の鍵であることを匂わせています。

こちらが日本公開に先駆けて公開された予告編↓



「頑固じいさんに寄り添う美人猫」というタイトルの
限定公開の特別映像もあります↓(後半は上記の予告編と同じです)



この美人猫役を見事に演じきったのは、マジックとオーランドという、
見た目がそっくりな2匹のにゃんこ。マジックちゃんは活発で、
オーランドちゃんはお昼寝が大好きなにゃんこのようです。

にゃんこ目当てでなくても、この映画、個人的にはかなり気になります。
でも残念ながら、公式サイトを見る限りでは、上映劇場が少なめですね。
ハリウッド映画ではないので、仕方ないのかなぁ。

原作小説も、すでに「幸せなひとりぼっち」のタイトルで
ハヤカワ文庫から発売されているようなので、
そちらのほうをまずは読んでみようかなと思いまして、先ほど、早速、地元の図書館で
予約してみたのですが、ねこねーさんはすでに予約待ちの3人目。
映画が公開されると、さらに予約が殺到しそうなので、
図書館狙いの方は、お早めに〜!

もちろん、映画のほうも今からとっても楽しみです。
ひさびさにヒューマンドラマの秀作映画が観られそうでね♪

関連記事はこちら↓
CinemaCafe.net(11月9日):【特別映像】頑固じいさん&北欧美人猫の名コンビ誕生!『幸せなひとりぼっち』
GetNaviweb(11月10日):キーポイントはモフモフの“美人猫”!? スウェーデン映画「幸せなひとりぼっち」特別映像公開


【おまけ】

ねこ映画つながりで、もうひとつ。こちらのほうはリマインドです。
「ねこねこNEWS」で過去に2回取り上げているケヴィン・スペイシー主演の
映画『メン・イン・キャット』は、今月25日(金)から公開ですよー♪

過去記事はこちら↓
2月1日:ケヴィン・スペイシーが猫に!? 映画『Nine Lives』
9月22日:K・スペイシー主演作、公開決定!映画『メン・イン・キャット』

日本公開用の特別動画も、YouTubeで限定公開されているので、
以下にリンクしておきますね↓



ちなみに、ねこねーさんが気になっていたにゃんこの名前、
「ミスター・ファジーパンツ(Mr.Fuzzy Pants)」の和訳は
「もこもこパンツ」になったみたいです(笑)

日本版公式HPはこちら↓
映画『メン・イン・キャット』

関連記事はこちら↓
CinemaCafe.net(10月13日):【特別映像】あの大ヒット“入れ替わり”映画をパロディ!『メン・イン・キャット』


thankyou1.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこむーびー | 12:52 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

K・スペイシー主演作、公開決定!映画『メン・イン・キャット』

昨日も帰宅は深夜過ぎ、今日も午後からお仕事…ということで、
ブログ更新が厳しくなっているねこねーさんに助け舟!
昨日の帰り道、電車に乗りながらケータイでねこネタ探しをしていたら、
すでに学習済みの、過去にご紹介したことのあるネタが目につきました。

このお顔、覚えていらっしゃいますか?↓

242247
Photo:(C)2016 - EUROPACORP - All rights reserved

今年の2月に「ねこねこNEWS」でご紹介したケヴィン・スペイシーさん主演の
コメディねこ映画『Nine Lives』の日本公開が正式に決まったようです♪↓

242246
Photo:(C)2016 - EUROPACORP - All rights reserved

ニャンと邦題は、原作の『Nine Lives』とはまったく違う『メン・イン・キャット』!

この映画を手掛けたバリー・ソネンフェルド監督が、
映画『メン・イン・ブラック』シリーズの監督として有名なので、
そこから取った邦題だと思うのですが、
「メン」って「マン(man=男性)」の複数形ですよね?

今回、ねこになっちゃう男性は、主演のケヴィン・スペーシー氏(写真下)が
演じるゴーマン社長ひとりだと思っていたのですが、
他にもねこに変身する人物がいるのでしょうか?ちょっと謎です。。

242245
Photo:(C) Getty Images

あらすじについては、過去記事をご覧ください↓

2月1日:ケヴィン・スペイシーが猫に!? 映画『Nine Lives』

それにしても、無事に日本で公開されて良かったですね!
個性派俳優のクリストファー・ウォーケン氏(写真下・左端)も登場しているし、
ニャンと言っても、にゃんこどまんなかの作品なので、
ねこねーさんもブログでご紹介して以来、ずっと公開を心待ちにしていたのです。

242249
Photo:(C)2016 - EUROPACORP - All rights reserved

主演にゃんこものロン毛っぷりも、個人的には超好み♪↓

242248
Photo:(C)2016 - EUROPACORP - All rights reserved

原作では、このにゃんこのお名前は「ミスター・ファジーパンツ(Mr.Fuzzy Pants)」
なのですが、このまま日本語字幕にするとちょっと長いし、もしかしたら
日本語に訳した名前になるのかなぁ?そのへんも気になります。
直訳すると「毛羽立ったパンツ氏」になるんですけどねぇ(笑)

242250
Photo:(C)2016 - EUROPACORP - All rights reserved

すでに日本版の公式サイトも準備されているのですが、
開設されたばかりで、まだ詳細は記載されていない模様。
映画の関連ニュースについては、今後はこちらのサイトを要チェックですよ!↓

日本版公式HPはこちら:映画『メン・イン・キャット』

関連記事はこちら↓
CinemaCafe.net(9月21日):ケヴィン・スペイシーが猫にニャっちゃった!『メン・イン・キャット』11月公開

日本での公開日は、11月25日。
前売り券の特典など、また気になるニュースがアップされたら、
ブログまたは「ねこねこNEWS」のFacebookページでお知らせしますね♪

thankyou4.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこむーびー | 12:38 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>