ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【米国発】300匹の保護猫の楽園「The Happy Cat sanctuary」

「ねこねこNEWS」では、かなりの頭数のホームレスにゃんこを保護する施設、
いわゆる「サンクチュアリ」を個人運営されている方を何度か取り上げたことが
ありますが、本日ご紹介するのも、そんな野良ねこ救世主のおひとりです。

米ニューヨーク州メドフォード在住の元電車の車掌さん、
クリス ・アーセノールト(Chris Arsenault)氏は2006年から10年以上、
お猫さまたちの幸せのための活動を展開しています。
現在、彼の自宅兼サンクチュアリに暮らすねこたちの数は、総勢300匹!

クリスマスに撮影されたと思われるこちらの写真の中央で微笑む
サンタ帽姿の男性がクリスさん。隣の女性は彼のサンクチュアリでねこたちの
お世話をお手伝いしているボランティアの方です↓

48E527E500000578-5353549-image-a-33_1517841251290
Photo:(C) Chris Arsenault / SWNS.com / Daily Mail

ニュージャージー・トランジットに勤務していたクリスさんは現役引退後、
自宅と庭を野良ねこたちのために改造。2006年にご自身の貯金と
ねこ好きさんたちからの寄付を資金にして、「The Happy Cat sanctuary」という
サンクチュアリーをつくりあげました。

48E5275A00000578-5353549-image-a-35_1517841273831
Photo:(C) Chris Arsenault / SWNS.com / Daily Mail

2006年の5月にバイク事故で24歳の息子さんを亡くしたクリスさんは、
突然の出来事で失意のどん底に。しかし、その数ヶ月後、
線路脇に捨てられていた30匹の病気の子猫たちを保護したことで
子猫たちのお世話に生きがいを見出すようになりました。

もともと子どもの頃から動物好きだった彼は、その後、地元の動物保護団体に
連絡を取り、さらに多くのねこたちを引き取ることに。

その数は今では300匹もの数に達していますが、
「The Happy Cat sanctuary」のポリシーは、すべてのねこたちが
不妊・去勢処置を済ませていること。なので、多頭飼い崩壊現場のように
爆発的にねこの数が増える心配はありません。

しかしながら、これだけの数のねこたちを健康に飼養するのは
金額的にも並大抵のことではありません。
2016年を例にとると、サンクチュアリの年間維持費は
ニャンと、総額101,000ドル(約1,100万円)!
内訳は、80,000ドル(約870万円)がねこたちのエサ代+光熱費、
21,000ドル(約230万円)が動物病院に支払った医療費です。

寝室以外のすべての空間をお猫さま仕様にリフォームしたというクリスさん。
壁一面に設置されたお猫さまのお立ち台(?)の数を見ても、
保護ねこたちに対する献身ぶりがうかがわれます↓

48E527E100000578-5353549-image-a-34_1517841261718
Photo:(C) Chris Arsenault / SWNS.com / Daily Mail

もちろん、室内にもお手製のお立ち台がぎっしり!
現役時代は車掌さんとして活躍したクリスさんですが、
もしかすると大工としても腕前も超一流なのかな?↓

48E527F200000578-5353549-image-a-43_1517841366073
Photo:(C) Chris Arsenault / SWNS.com / Daily Mail

現在のクリスさんの毎日は、朝から晩まで、
300匹のねこたちのお世話に追われています。
飲み水の交換、ねこトイレや床のお掃除、お猫さまたちのディナー用の
ローストチキンを焼くこと、などなど。やるべきことはたくさんあります。

ボランティアさんたちのお手伝いもあるとはいえ、
これは、車掌さん時代よりも今のほうが忙しそうですね(笑)

安全面と衛生面を最優先しているというクリスさんのサンクチュアリーは、
室内も室外も手入れが行き届いていて、どこを見ても快適そのもの。
お庭には、運動用の回しぐるまも設置されているんですね!↓

48D4097600000578-5353549-He_described_his_experience_as_rewarding_and_he_said_When_I_open-a-23_1517851737910
Photo:(C) Chris Arsenault / SWNS.com / Daily Mail

クリスさんがサンクチュアリについて説明している動画もあります↓


すごい!動画を見ると、個人の敷地というよりも、
ちょっとしたレジャー施設のような広さがあることがわかります。

これだけの広さを衛生的に保つのは、ねこたちがいなくても大変そうですが、
さらにここに、300匹のねこたちがいることを考えると、毎日かなり念入りに
お掃除&お世話しないと、単なるご近所迷惑のねこ屋敷になりかねません。

ねこねーさんちなんて、4匹だけなのに、モフ毛が廊下や階段に降り積りがちで、
にゃんゲロ爆弾を気づかない場所に投下されて、いつのまにかカピカピに
なっていることも少なくないというのに!うーん、反省。。
週末は、おうちの掃除もちゃんとしようっと!

48E5274900000578-5353549-image-a-37_1517841288570
Photo:(C) Chris Arsenault / SWNS.com / Daily Mail

息子さんの事故死の直後に、ねこ愛に目覚めたクリスさん。
きっと、お父さんの悲しみを紛らわせるために、天国の息子さんが
最初の30匹の子猫たちとめぐり合わせてくれたのでしょう。

これだけ大規模なサンクチュアリの運営は、普通の人にはなかなか
真似できることではありませんが、クリスさんのお世話の姿勢を見習って、
おうちの愛猫ちゃんたちの健康としあわせを最優先に考えてあげたいですね。
あ、ねこねーさんは、お掃除も頑張りますよ、はい。。


関連記事はこちら↓
Daily Mail(2月5日):It's cat man! Animal lover transforms his home into a haven for 300 felines - with hammocks, heated perches and roast chicken dinners for the abandoned moggies
METRO(2月5日):Man transforms his home into a sanctuary for 300 cats
The Independent(2月5日):Man transforms his home into sanctuary for 300 abandoned cats


thankyou5.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこにゅーす | 13:40 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

5年目を迎えて大盛況!お猫さまのアメフト祭典「Kitten Bowl」

日本はすでに月曜日を迎えましたが、
ねこねーさんがブログの下書きをしているこの時間、アメリカはまだ日曜日の夜。
米国最大のスポーツの祭典「第52回NFLスーパーボウル」が開催されています。
日本でもNHK BS1やCSで生放送されているので、通勤途中や仕事合間に
チラ見している方も多いかもしれませんね。

スポーツ音痴のねこねーさんは、アメフトのルールもよくわからないのですが、
スーパーボウルは試合だけではなく、ハーフタイムショーのパフォーマンスや
大企業が巨額の富を投じて制作するCMが流されることでも有名。
試合開催後しばらくは、その関連ネタでネットが賑わうのが毎年恒例になっています。

「ねこねこNEWS」的には、今年の大作CMににゃんこが出演するかどうかも
気になりますが、それ以前に取り上げなくてはならないのが、
スーパーボウル当日に開催される「キトゥンボウル(Kitten Bowl)」。

cdncrownmediadevcom
Photo:KITTEN BOWL V

里親募集中の子猫ちゃんたちが、にゃんこサイズのアメフト・フィールドで
熱戦(?)を繰り広げるこのスポーツイベントは、2014年に米ケーブル・テレビ局の
ホールマーク・チャンネルで初めて放送されて好評を博し、今年で5回目。

「ねこねこNEWS」では、記念すべき第1回の開催直後に
ご紹介させていただきました。

過去記事はこちら↓
2014年2月3日:子猫版スーパーボウル、開催!

その後も毎年、本家本元のスーパーボウルの前座&裏番組的に
開催され続けたキトゥンボウル。今年も以下の写真の子猫のような
かわいこちゃんが勢揃い!↓

kittenbowl2018
Photo:Crown Media United States, LLC

飼い主さんとの出会いを求める総勢32匹のホームレスにゃんこたちが、
アメフトボールを追いかけて奮闘しました!

こちらはホールマーク・チャンネルの公式YopuTubeチャンネルに
事前に投稿されたプロモーションビデオ。
去年9月にフロリダ州を直撃したハリケーン「イルマ」の被害猫、
スターちゃんに焦点を当てた映像です↓



どうやら今年の登場にゃんこは、ハリケーンの被害を受けた子が多いのかな?
お次は、去年の8月にテキサス州に壊滅的な洪水をもたらした大型ハリケーン
「ハービー」の被災地から保護されたダービー君です。

彼は選手からコーチに昇格したみたいですね↓



他にも、「キトゥンボウル」公式サイトには、関連動画がいっぱい!
下の画像は動画ページのスクリーンショットですが、
元気な子猫たちのサムネが並んでいる様子は、動画を見る前からわくわくします↓

kittenbowl2018_2

もちろん、実際の試合のハイライトを伝える公式ツイートも!
器用にタッチダウンを決める黒白ちゃんや↓


秘密兵器を使った大胆な作戦を展開する選手も↓


おうちのにゃんこたちも、飼い主さんといっしょにテレビ観戦!↓


気になる試合結果は、パウンシーパンサーズ(Pouncy Panthers)が
34-28でリトルロングテイルズ(Little Longtails)に勝利!

今年の試合の様子や選手の詳細は、コンテンツ盛りだくさんの
公式HPでご確認ください↓

Kitten Bowl 2018 公式HPKITTEN BOWL V

2018年も全米のねこ好きさんたちを沸かせたキトゥンボウル。
参考にした記事にも書かれてありましたが、この試合の真の勝者は、
こんな愛らしいにゃんこ選手たちの里親になった皆様ですね♪

ホームレスにゃんこの保護活動の啓蒙にも力をいれているキトゥンボウル、
来年の開催も期待しちゃいますよー!


関連記事はこちら↓
Nerdist(2月4日):The Cutest KITTEN BOWL 2018 Highlights
Metro US(2月4日):Kitten Bowl 2018: Winner and highlights
Bleacher Report(2月4日):Kitten Bowl 2018: Recap, MVP, Highlights and Twitter Reaction


thankyou1.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこにゅーす | 12:38 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【フロリダ発】10人以上の飼い主さんに愛される地域猫、ルイ君

あーあ、またもや関東地方は雪ですよー!
都心はそれほど積もっていないようですが、毎回ピンポイント豪雪地帯と化す
埼玉某所のねこねーさんちの付近では、けっこうな勢いの積雪です。。

朝起きてカーテンを開けたら、こないだの大雪レベルにベランダに雪がどっさり!
通勤前に玄関から門までの通路の雪かきを軽く済ませてきたのでした。
庭にはまだ前回のなごり雪の雪原が広がっているというのに、
これで、またもや春の訪れが遠のきましたね。。
そろそろ庭仕事をしたいんだけどなぁ(遠い目)

自宅の雪の心配をしながらお届けする本日の「ねこねこNEWS」は、
亜熱帯の過ごしやすい気候がうらやましいフロリダ在住のお猫さまのお話。

フロリダ州南部リー郡に位置するケープコーラルという都市に暮らす
ルイ君というお名前の外猫ちゃんの愛されぶりが
アメリカの大衆紙「USA TODAY」の記事になっておりました。

多くの住人をメロメロにしているとのことなので、
さぞかし愛らしいにゃんこなのだろうと思ったら、どちらかというと
ワイルドな魅力で人間を引きつけるタイプのお猫さまのようですね。

こちらが、そのルイ君のお写真なのですが、
グレーのモフ毛とボス猫風の貫禄が見事なイケにゃんです↓

636512783102206674-LouieTheCat010
Photo: Andrea Melendez/The News-Press

じつは、このルイ君。もともとは、今でもこの地域に暮らす
リサ・クッションさんというお方の家ねこちゃんだったのです。
12、3年前にお友達からもらいうけたルイ君は、最初の2年ばかりは
家ねこライフを満喫していたのですが、先住ペットから受けるストレスのせい
なのでしょうか、寝室をトイレ代わりに利用するのが習慣化してしまい、
手を焼いた飼い主さんに家から締め出されてしまったのです。

飼い主さん的には、一時的なお仕置きのつもりだったようですが、
そのことがきっかけになって、以後、ルイ君は自宅に戻らず、
地域猫として生きる道を選んだのでした。
そして、このエリアに暮らす10人以上の方を「飼い主」として認定し、
今の今まで地域全体にお世話される「地域猫」として暮らしています。

ルイ君の毎日はというと…
毎朝マーシャル家の家の窓を叩いて朝のごあいさつをして、
玄関先でその家の愛ねこちゃんと鼻チュウ&朝ごはん。

日中は街中の壁の上を歩き回ってパトロールし、
行く先々のお宅で準備されているごはんをつまみ食い。
マーシャル家のガレージにあるルイ君専用の羽毛マクラで眠り、
寒い日にはクドルナ家の車のバンパーの下で暖を取り、
毎年のノミ取り予防は、メドラーさんちのお父さんが担当。

636512783078026519-LouieTheCat016
Photo: Andrea Melendez/The News-Press

トリーシャ・サリバンさんは、去年の9月にフロリダ州を襲った
ハリケーン・イルマの避難勧告時に最後まで街に残り、
茂みの中にルイ君用のごはんと飲み水、キャットニップを準備してくれたのでした。

外歩きの自由を満喫しながら、至れり尽くせり。
まったくもう、絵に描いたようなしあわせにゃんこですね!

こちらは、マーシャル家のお母さん、レノーラさんから
ルイ君がおやつをもらっているお写真です↓

636512783390340521-LouieTheCat002
Photo: Andrea Melendez/The News-Press

おやつといっしょに、のど元ナデナデのサービスも、もれなくついてきます。
気持ち良さそうですねぇ♪↓

636512783235275527-LouieTheCat006
Photo: Andrea Melendez/The News-Press

こちらは「ルイ君をお世話し隊」を構成するメイン隊員たちの
お写真のようです↓

636512783412804665-LouieTheCat001
Photo: Andrea Melendez/The News-Press

4人の溢れんばかりの笑顔とは対照的に日陰で横たわるルイ君は、
ご主人さま然としたニヒルな表情を浮かべています。
完全に人間たちが下僕化していますねぇ、これは(笑)

636512783289719876-LouieTheCat005
Photo: Andrea Melendez/The News-Press

お世話係が家を留守にするときは、必ず誰かにルイ君のごはんのお給仕を
お願いするというレノーラさん。代理のお世話係に、日曜日は平日とは違う
スペシャルおやつを与えるように指示をすることも忘れないとのことです。

いやぁ、もう、これは室内飼いにゃんこ以上のおもてなしですよ。
こんなことを聞いたら、わが家のトトちんなんて、すぐに家出しそうです(苦笑)

ルイ君の「極楽!地域ねこライフ」については、こちらの動画にまとめられています↓



温暖な気候のフロリダは、冬でも快適にお外暮らしができそうですし、
ルイ君は、住人に恵まれているだけでなく、環境的にもラッキーでしたね。

こんな雪の日は、ルイ君のような幸運に恵まれない
日本の野良ねこちゃんたちのことも心配になります。
ご近所にお外暮らしを続けている不遇なにゃんこがいる場合は、
寒さで凍えていないか、ちょっと気にしてみてください。


関連記事はこちら↓
USA Today(1月28日):This cat is so popular, he has over 10 owners


thankyou5.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこにゅーす | 13:06 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>