ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【ロシア発】話題の人面猫、 メインクーンのヴァルキリーちゃん

大雨の爪痕が深刻な週明けですが、この先の猛暑も心配ですね。
一刻も早く被災されたみなさまとお猫さまたちに、
いつもの平和な毎日が訪れますように。

「ねこねこNEWS」は今週も、お猫さまの癒しパワーを
全国のみなさまにお届けしようと思うのですが、今回ご登場いただくのは、
萌えカワイイにゃんことは、一味も二味も違うお方です。

まずは、ちょっとした予習から。

90年代に日本のメディアがこぞってとりあげた「人面魚」ブームというのが
ありましたよね。人の顔のような模様を持つコイの存在が日本中を熱狂させ、
以来、しばしば「人面◯◯」的な動物がメディアで注目されるようになりました。

今年になってからもヨギ君という名前のわんこが、「人面犬」として
海外メディアでとりあげられて話題になっていたりします。
もちろん、ヨギ君の場合はわんこなので、人面魚のようにコイの模様が
人の顔に見えるのと違って、わんこのお顔そのものが
人間風味を醸し出しているのです。

関連記事はこちら↓
ニューズウィーク日本版(3月12日):キモかわいい! 「人間」すぎる人面犬にネットが大騒ぎ

で、そのにゃんこバージョンとも言える「人面猫」が、このたび登場!
ねこらしからぬ風貌が注目されているのは、ロシアでメインクーンを
主に繁殖しているブリーダー「Catsvill County」さんのところで生まれた女の子。

メインクーンは、「ねこねこNEWS」でも何度も登場しているので
巨大なロン毛のボディとその骨太なお顔の感じが思い浮かぶ方も多いと思います。
念のため、復習がてら、過去記事も載せておきますね。

通常のメインクーンの見た目は、こんな感じ↓
2016年8月14日:メインクーン、美しき巨猫たち

ところが、今回ご紹介する生後2カ月のヴァルキリーちゃんは、
あきらかにお顔の様子が違う。
「ねこ顔」というよりも、どう見ても「ひと顔」なんですよ↓

ValkyrieMaineCoon
Photo:Catsvill County

しかも、インスタにアップされた動画で見ると、さらに人っぽい!
特に目の動きに注目です↓


完璧に「中の人」がいそうな眼差しです。。

海外のYouTube動画で、リアルにゃんこのボディを生かして
顔面だけ人間の顔を合成したコラ映像を見かけることがありますが、
その印象に近い感じかな?でも、これは面白映像ではありません。
真面目に撮影されたブリーダーさんの子猫紹介動画なので、
にゃんこの映像も加工なしです。

同じく、こちらの動画もヴァルキリーちゃん。キャットタワーの上に
鎮座しているだけなのに、ただならぬ存在感を放っています↓


上のふたつの動画より黒っぽく見える、
こちらの動画のにゃんこもヴァルキリーちゃんのようです↓


最初のふたつの動画は白っちゃけてみえるので、
キャットタワーの絨毯の色も参考にすると、こっちのモフ毛カラーのほうが
実物に近いのかも?インスタの投稿コメントによると、彼女の毛色は
ブラックスモークとのことなので、黒みの強い色なんじゃないかなぁ?

ちなみに「ヴァルキリー」というのは、ドイツ語の「ワルキューレ」の英語表記を
カタカナにした名称で、北欧神話に登場する半神の女神たちのことです。

神と人の血を分けたワルキューレの乙女たちのように、
にゃんこと人のお顔の要素を併せ持つヴァルキリーちゃんは、
伝説に登場する神さまのように神秘的です。

詳しいことはよくわからないのですが、
どうやらヴァルキリーちゃんが生まれたブリーダーさんのところの子は、
「人面猫」っぽい見た目の子が多いんですよ。

Catsvill Countyのインスタページで紹介されているブリードにゃんこの中には、
一般的なメインクーンのお顔のにゃんこも見受けられるので、おそらく
ヴァルキリーちゃんと同じ血筋の子だけが、この個性的なお顔を
代々継承しているんじゃないかなぁ。

たとえば、こちらのブラックスモークのモフ毛の女の子、
ボルボちゃんも、見事なまでの「人面猫」!お誕生日がいっしょなので、
おそらくヴァルキリーちゃんの姉妹にゃんこだと思われます↓


ボルボちゃんのアップ映像も、かなりの神々しさですよ↓


個人的にとっても気になったのでヴァルキリーちゃんとボルボちゃんの血筋について
Catsvill CountyのHPで探ってみたところ、血統図のようなものがありました。

その一覧ページによると、ボヤージュドリームズ君というお名前の
男の子の兄弟がもう1匹いるようです。もちろん、彼も人面猫!

純血種のブリードに関しては、ねこねーさんは全くのど素人なので、
個人的なコメントであることを前提に感じたことを書いてみると、
母猫の祖父、父猫の父であるジェネシス君というお名前の雄猫が、
ねこらしからぬ貫禄を醸し出しているような??
もしかすると、彼が「人面猫」のルーツかな?
家系図を見ると両親とも血縁関係にあたることがわかるので、
血が濃くなっていることも、お顔に影響しているのでしょうか?

すでにヴァルキリーちゃんは飼い主さんが決まったようですが、
ボルボちゃんとボヤージュドリームズ君は、現在も里親募集中!
個性的なにゃんこがお好きな方には、千載一遇のお迎え候補と言えそうですよ。

それにしても、兄弟にゃんこ3匹が、そろいにそろって人面猫とは、
血は争えないものですね。なんとなく、この人面猫遺伝子は強そうな気がするので、
このままブリードを続ければ、メインクーンから派生した新たな猫種が
確定されちゃうのではなかろうか、なーんて思ってみたりもするのですが、
正式な猫種として確率させるのは、一筋縄ではいかないのかな?

インスタで最近紹介された6月下旬に生まれた子猫ちゃんも、どう見ても人面顔。
風代わりなにゃんこに興味をそそられる方は、
彼らのインスタは要チェックですよ↓

Instagramcatsvillcounty

Catsvill CountyのHPも載せておきますね(ロシア語と英語の表記が選べます):

Catsvill County


これだけ人間っぽいお顔だと、いつ話しだしてもおかしくないような。
案外、鳴き声がベタなにゃんこの萌え声だったりすると、
それはそれでキュンキュンしちゃいますが(笑)

今回ご紹介したロシアの人面猫3きょうだい、
大人にゃんこになったお姿も見てみたいなぁ♪


関連記事はこちら↓
Mashable(7月6日):This cat with a human-like face is here to spook and bewilder you
WBXH(7月6日):Cat face or human face? What do you see?

thankyou1.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこにゅーす | 13:32 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【中国発】紫禁城のW杯予言猫・白点儿(Baidian’er)君、逝く

W杯予言にゃんこと言えば、開催国ロシアのエルミータジュ美術館の白猫、
アキレス君が思い浮かびますが、じつは中国の紫禁城で暮らす野良ねこの中にも、
W杯の試合結果を予言しているお猫さまがいたのです。

それが、こちらの茶トラにゃんこ。男の子らしい、いいお顔をしています↓

9acf27aa6874c6ea6025218b5488b248
Photo:Arthur Yang / South China Morning Post

紫禁城のスタッフさんに名付けられたお名前は、中国語で「白点儿」。
日本語の意味は漢字からも推測できるように「白い点」です。
どうやら、お鼻の下の白いモフ毛部分から名付けられたようですね。

参考にした英語の記事では、中国語の発音をそのままアルファベット表記した
「Baidian’er」と呼ばれています。何て読むのかなぁ、これ?
カタカナにするのが難しそうなので、このブログ記事の中では
「白点儿君」と呼ばせていただきますね。

62aad664ly1fsmelilzzsj20zk1hc4q5
Photo:Weibo

紫禁城博物館のスタッフさんからW杯予言猫の白羽の矢を立てられた白点儿君は、
ロシアのアキレス君と同じように、カリカリが入った2つのごはん皿を使って
勝敗を占っていたのですが、全戦的中の伝説の予言タコ・パウル君には、
さすがにはかなわなかったようです↓

62aad664ly1fsd2rhcfw6j21hc0zk7k3
Photo:Weibo

ベスト8が出揃ったこの先こそ、にゃんこの勘を生かして
予言的中率をあげてもらいたいところだったのですが、
残念ながら、それは叶わぬ夢となりました。

先週の水曜日、それまで元気にカリカリを食べていた白点儿君は
急激に体調が悪くなり、動物病院に連れて行かれる事態に陥ったのです。

後脚が麻痺して動けなくなった白点儿君のことを心配したたくさんのファンから
お見舞いの言葉が寄せられたことを受けて紫禁城博物館は、
中国のミニブログサイト「Weibo」に白点儿君の特設サイトを開設。
開設から数時間のうちに5000人以上のファンがフォロワーにつき、
白点儿君は、SNSの人気にゃんこの仲間入りを果たしました。

しかしながら、回復を望む白点儿君ファンの願いもむなしく、
中国を代表するW杯予言にゃんこは、先天性心臓欠陥が原因の血栓が原因で
W杯の決勝戦を待たずして、今週の月曜日に虹の橋を渡りました。

864c68e5c5faa32fd5ca009496e00711
Photo:Baidu / South China Morning Post

Weiboの白点儿君ページには、彼の死を悼む
9,000を超えるお悔やみコメントが寄せられました。

Weiboの表記は中国語なので、残念ながら、ねこねーさんには
投稿内容の詳細がわかりませんが、
白点儿君の亡き後の現在のフォロワー数は27,178人。
W杯のサッカー人気にあやかったとはいえ、
1匹の野良ねこのフォロワー数としては誇るべき数字です。

紫禁城のネズミを退治するお役目からも解放されて、
暇を持て余している白点儿君は、今頃ロシアの空の上までひとっ飛びして、
次の試合を観戦するのを楽しみにしているんじゃないかなぁ。

ちなみに最後までW杯予言猫の役目を果たせなかった白点儿君の意思は、
現在、彼の妹にゃんこに受け継がれているようです。

白点儿君が入院している間から、お兄ちゃんと同じ茶トラにゃんこの妹、
长腿儿(「長い脚」の意味)ちゃんが、カリカリ皿を使った勝敗占いを
引き継いでいるのです↓

gugong-600x360
Photo:What's on Weibo

ウルグアイVSポルトガル戦の勝者を見事に食べ当てた长腿儿ちゃんは、
フランスVSアルゼンチン戦では引き分けと予想。
早くもお兄ちゃん譲りの外しっぷりを発揮して、勝者フランスを当て損ねましたが、
にゃんこの予言力を発揮するチャンスはまだまだありますからね。

お空の上の白点儿君からのお告げも参考にしながら、
予言猫の本命・ロシアのアキレス君に負けない的中率を
叩き出していただきたいなぁ♪

中国語が分かる方は、
ぜひ白点儿君のWeiboページもチェックしてみてください:

Weibo故宫白点儿

関連記事はこちら↓
What's on Weibo(6月30日):Paws at the Palace Museum: Forbidden City Cat Baidian Gets Its Own Weibo Account
South China Morning Post(7月3日):China’s‘psychic’ginger cat dies after World Cup winning streak


thankyou4.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこにゅーす | 12:02 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

猛暑到来!ねこの首輪が暑さで溶けることも??

昨日に引き続き、本日も過酷な夏の暑さを乗り切らなければならない
お猫さまたちへの注意喚起ネタをご紹介。

昨日の記事でご登場いただいた日焼けが原因で両耳を切断しなければ
ならなくなった色白美人の三毛猫ティアラちゃんは、英国在住のにゃんこでしたが、
今回取り上げるお猫さまも英国で暮らしている家猫ちゃんです。

ロンドンから80kmほど北西に位置するミルトン・キーンズ在住の
キム・ミルズさんは先日、愛猫のために地元のペットショッップで首輪を購入。
黒猫のメガトロン君に映える素敵な赤い首輪だったのですが、
数日後、メガトロン君が不快な様子を示すようになり…

何かおかしいと思って、首輪を調べてみたところ、
ニャンと首輪の一部が溶けており、メガトロン君の肌とくっついていたのです!

こちらが、おニューの首輪のせいで大変な目に遭ったメガトロン君です↓
精悍そうな黒猫ちゃんですね♪

Megatronthecat1
Photo:Milton Keynes Citizen

そして、これが問題の首輪↓

Megatronthecat2
Photo:Milton Keynes Citizen

たしかに留め金付近にメガトロン君のものと思われる
黒いモフ毛がこびりついています。。

参考にした記事によると3.19ポンド(約470円)で購入したそこそこちゃんとした
品のようなのですが、見た感じは、日本の100円ショップで売っている首輪と
大差ない感じかな?

日頃からメガトロン君のことを気にかけているキムさんですが、
まさかこんなことが自分の愛猫に起きるとは思ってもみなかったそうです。
今回の件で、獣医の診察治療費+タクシーを利用した交通費で、
合計78ポンド(約1万1400円)の出費も負担することに。
500円ほどの首輪の代償としては、金額的にもかなりの痛手です。

キムさんは、おそらく熱波の影響で首輪が溶けたのではないか、と主張。
ねこたちはひなたで寝そべることが好きなので、飼い主は暑さで首輪が溶ける
恐れがあることをに注意すべきだと語っています。

一方、首輪の販売元であるAncol社は、首輪が溶けた原因は
首元につけるノミ除けのスポット薬のせいとの見解を述べています。

たしかに、キムさんはメガトロン君の首にスポット薬をつけています。
でも、それは新しい首輪を付ける1週間も前のこと。

まだAncol社は溶けた首輪の実物を受け取っておらず、写真だけで
今回の症例を判断しているようなので、今のところ、メガトロン君のやけどの原因は
限定されていないのですが、彼の首はこんなにひどいことになっているのです↓

Megatronthecat3
Photo:Milton Keynes Citizen

痛々しいですね。。わが家のトトちんも首輪が苦手で、着用すると首の周りが
ハゲまくってしまうのですが、メガトロン君の場合はアレルギーというわけでも
なさそうだし、なにより首輪が実際に溶けているのが何よりの証拠です。
普通に着用して簡単に溶ける商品を警告なしで販売しているのは、
やはり問題でしょう。

スポット薬投与後の利用に関しては、Ancol社のWEBサイトにも記載がある
ようですが、投与から一定の時間が経ってからの利用に関しても
ちゃんと調査してから販売していただきたいですね。

もちろん、キムさんの主張のように、暑さで溶けた可能性もなきにしもあらず。
メガトロン君は黒猫なので、ほかのモフ毛カラーのにゃんこより
太陽光を吸収しそうだし、昨今の異常気象を考えると
「首輪が溶ける」説も、大げさな話とは言えなそうだし。

なにはともあれ、昨日お伝えしたケースも考慮すると、夏の暑い盛りは、
白猫ちゃんと黒猫ちゃんは、お外のお散歩を避けたほうが身のためですね。
もちろん、室内でも油断は禁物。日当たりのいい場所は危険なので、
おうちの中のひんやりスポットを見つけて快適にお過ごしください。


関連記事はこちら↓
Milton Keynes Citizen(7月3日):Cat suffered serious burns after collar MELTED during heatwave in Milton Keynes


thankyou3.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこにゅーす | 13:34 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>