ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

素朴タッチがたまらない、トラネコボンボンの 『猫ごよみ365日』

今年はクリスマス・イブが日曜日なので、
パーティーを開催するにはいい感じですね♪
かつてないほど金欠MAXのねこねーさんは、クリスマスも予算削減。
おうちの4ニャンと地味に過ごす予定なので、特に準備もいらないのですが、
お友達に送るプレゼントは、明日には発送しないと間に合いませんね。。

いちおう贈り物は準備済みなのですが、梱包する時間が取れるかどうか。。
今日はノー残業デーと心に決めて、早く帰らなくっちゃ!

プレゼントの準備はまだこれから…という、ねこねーさん以上の
のんびり屋さんは、本日取り上げる本もプレゼント候補に入れてみてください。

一昨日発売されたばかりのピカピカの新刊本なので、ねこねーさんもまだ
実物を手にしていないのですが、PR記事を見る限りでは、なにやら
とってもいい感じなんですよー!

特に絵本&ねこ好きの方へのプレゼントにおすすめしたいのが、
ヘタウマ&ほのぼのタッチのにゃんこのお顔がずらりと並んだ
こちらのイラスト本↓

365catdaysmain
出典:PR Times

作者は、旅するレストラン「トラネコボンボン」を主催する料理人、
中西なちおさん。作画家としても有名なお方で、
ニャンとも言えない味のある素朴な猫絵をお描きになるのです。




  

  猫ごよみ365日:

   今日はニャンの日?
   猫といっしょに季節のある暮らし


   トラネコボンボン 中西なちお (著)

   誠文堂新光社 (2017/12/19)
  [単行本]



(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)

しかも、今回発売されたこの本は、タイトルどおり、1年365日分の猫ごよみ。
ということは、もしかすると日めくりカレンダーみたいに、365枚のにゃんこ
イラストが収録されていたりして?でも、さすがにそれは多すぎるよね?
と思いながら、本の中身の画像を見てみたら…

あらヤダ!やっぱり、1日1絵!しかも、それぞれのイラストのテーマは、
日付と関連づいていて、ちょっとした説明文までついています↓

365catdayssub1
出典:PR Times

その日の行事や記念日などの情報、季節の言葉なども
欄外に添えられているのがうれしいですね。

でも、やっぱりメインは、味のあるにゃんこイラスト!
いかにもトラネコボンボンのねこといった感じのお猫さまたちが、
洋書などの素材を活かした作品として表現されています↓

365catdayssub2
出典:PR Times

この手の本を見るときは、かならず自分の誕生日をチェックしちゃいますよね。
ねこねーさんの誕生日のにゃんこは、どんな子なのかなぁ♪

365catdayssub3
出典:PR Times

365日分ということで、個人的に本の厚みが気になったのですが、
Amazon情報によると、なんと厚さは4センチ!ちょっとした図鑑のようです。
トラネコボンボンのインスタにアップされた画像には、
本の背表紙が写っているのですが、実際かなり分厚そうです↓


これは、お友達へのプレゼントはもちろん、
自分用にもゲットしておきたい1冊ですね。

ねこねーさんは、できれば日めくりカレンダーバージョンもほしいのですが、
来年あたり発売されないかなぁ♪

ネット検索で本の写真を探していたら、今回の新刊本の原画展情報も発見!
クリスマス・イブイブの23日から、吉祥寺のギャラリーで1週間、開催されます。
本に収録された原画はすべて展示販売されるようなので、
お気に入りの1枚を入手した方は先手必勝ですよ!

トラネコボンボン 中西なちお
「猫ごよみ 365日」原画展

日時: 12月23日(土) -12月30日(土) ※ 27日(水) 休館
     12:00 - 19:00 (最終日17:30まで)
会場:  Gallery fève



「猫ごよみ365日」には、料理人さんが手がけた本らしく、
巻末には12か月のおやつ・のみもののレシピも収録されています。

実物を見ないで言うのもなんですが、
1日1回眺めるだけで、毎日をていねいに生きたくなる、
そんな本なんじゃないかなぁ♪


関連記事はこちら↓
PR Times(12月18日):大人のための絵本~猫といっしょに季節のある暮らしを綴る日めくり帖~


thankyou4.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこほん | 14:18 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

冬のこたつで楽しもう!カンタン下絵付き「猫なぞり絵」本!

今年はけっこう余裕かも♪と思っていた仕事納めまでのカウントダウンに、
いきなり年末進行の波が襲ってきまして、早くも溺れかけのねこねーさんです(苦笑)

もしかすると、今年は年賀状の投函も早めにできちゃったりする?
なーんて、思っていたのが甘かった。。年賀状に関してはすでに白旗!
この分では年末の大掃除も仕事納め後に着手する感じですかね。

と、まったくもって例年通りの不甲斐なさなのですが、
文字通りの「ビンボー暇なし」状態なので仕方ないですね。とほほ。。

しかしながら、世の中には毎日ヒマを持て余して仕方ない!という
うらやましいお方もいらっしゃることでしょう。そんな方におすすめしたいのが、
今日ご紹介する新刊本です。本といっても「読む」本ではありません。
今回焦点を当てるのは「描く」本です。

それが、こちら。12月15日に学研プラスから発売された
えんぴつで簡単!かわいい! 猫なぞり絵」です↓

nekonazorie_main
出典:PR Times

大人向けの「ぬりえ本」は、すっかり定番化していますが、
これは下絵をぬるというより、下絵をなぞって描くタイプの本のようです。

仕上がり具合は、ぬりえと似た感じですが、平面を塗りつぶすのではなく
線を1本1本描きこんでいく作業を楽しむのかな?
下絵を丁寧になぞった完成図がこちら↓

nekonazorie_sub1
出典:PR Times

上記のにゃんこは、色鉛筆を使ったなぞり描きのようですが、
クレヨンやカラーペンを使うと、また違った趣になります↓

nekonazorie_sub2
出典:PR Times

渋いタッチがお好みの方は、普通の黒い鉛筆でなぞるのもいいかもしれませんね。

そして、なぞる前の下絵がどんな感じになっているのかというと…
画像だとわかりにくいかと思いますが、うっすらグレーの印刷で
にゃんこの下絵が描かれています。右上に小さく掲載されているのは、
完成予想図がわりのリアルにゃんこのお写真ですね↓

nekonazorie_sub3
出典:PR Times

全83点ある下絵の中には、純血種のお猫さまの絵も多く含まれているようです。
こちらは、ぶさカワ代表のエキゾチックショートヘア↓

nekonazorie_sub4
出典:PR Times

おしゃれ度満点のグレーのモフ毛とミステリアスなグリーンの瞳が魅力的な
ロシアンブルーの下絵もあります↓

nekonazorie_sub5
出典:PR Times

数年前に無性にぬり絵をしたい欲求にかられて、衝動買い的にAmazonで
大人のぬりえ本を購入したくせに、いまだに1ページも着手できていない
ねこねーさんには、この本は無用の長物以外の何物でもないような気がするのですが、
でも、できれば今年の冬休みでも、お布団を新調したこたつに愛猫ちゃんたちと
潜り込んで、にゃんこのなぞり絵でも描いてグダグダしたいなぁ♪と
一瞬妄想してみるのですが、うーん、妄想の世界の中ですら、
筆が進みそうにありません。。

ってか、その前に、買うだけ買って放置してあるぬり絵本を、
来年こそは使い始めたい!まずは、そこから着手しなければ。

今回はじめて気づいたのですが、「ぬり絵本」じゃない「なぞり絵本」も世の中的には
結構たくさん出版されているんですね。来年は戌年だし、この際、少々浮気して、
わんこのなぞり絵に挑戦するのもいいかもしれません。

以下のAmazonのリンク先には、関連商品も表示されるので、
気になる方は見てみてください↓

Amazonえんぴつで簡単!かわいい! 猫なぞり絵

なぞり絵を極めれば、実際に自分で描く絵もうまくなるかもしれません。
絵心のなさを克服したい方にもオススメですよ!

関連記事はこちら↓
PR Times(12月15日):なぞるだけでかわいい猫が描ける!『えんぴつで簡単!かわいい!猫なぞり絵』は12月15日(金)発売!


【おまけ情報】

本つながりで、もうひとつ、新刊本のお知らせです。

明日発売の「週刊朝日」の表紙は、岩合光昭さん撮影の雪上のデブねこちゃん!
創刊95年の歴史上、初めてにゃんこが表紙を飾る記念すべき1冊です。





    週刊朝日
     2017年 12/29 号



    朝日新聞出版 (2017/12/19)
    [雑誌]

 



(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)


岩合さん撮影の2018年カレンダー「子ネコの冒険」の付録付きで、
しかも連載コラム等も、お猫さまテーマの内容になるとかで、
ねこ好きさんは見逃せませんよー!

関連記事はこちら↓
livedoor NEWS(12月16日):「週刊朝日」の12月29日号 1冊まるごとネコを特集


thankyou1.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこほん | 12:47 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

今年1年の猫相を網羅!? 『現代にゃん語の基礎知識2018』

暮れも押し詰まってくると、1年の総まとめ案件が目白押しになりますが、
早々と先月のうちに、2017年のあれやこれやをギュギュッと凝縮した年鑑を
発売していた出版社が、「新語・流行語大賞」の選定でも知られる自由国民社。
もちろん、その年鑑というのは、『現代用語の基礎知識』です。

今年も例年どおり11月に最新刊が発売されておりますが、
この「現代用語の基礎知識2018年版」は、記念すべき創刊70周年号なのだそうです。
70年間も現代日本で使われる言葉の数々に目を向け続け、
新語や専門用語を網羅しながら1冊の年鑑としてまとめてきた功績は
たいへん素晴らしいと思うのですが、さらに素敵なのは、
そのお猫さまバージョンが存在するということ。

ねこねーさんは発売時のニュースをすっかり見逃していたのですが、
本屋さん好きのみなさんは、もうご存知なのかな?
先月、2018年版の『現代用語の基礎知識』とほぼ同時期に
『現代にゃん語の基礎知識2018』なる本が発売されていたのです♪↓

916SapS1KmL.
出典:Amazon

1384ページにもおよぶ本家本元の『現代用語の基礎知識2018』と違って、
『現代にゃん語の基礎知識2018』のほうは、年鑑と呼ぶには少々物足りない
160ページのムック本風な冊子のようですが、表紙のデザインは
『現代用語の基礎知識』にそっくりです。

まだ現物を見ていないので詳細リポートができずに恐縮ですが、
参考にした記事によると、中身もばっちり、『現代用語の基礎知識』風に
用語をもとにした構成内容になっている模様。

こちらのページは、グラビアで見る猫用語「爪切り」↓

gendainyango_p74
出典:ダ・ヴィンチニュース

同じく、グラビアで見る猫用語「ごめん寝」↓

gendainyango_p16-17
出典:ダ・ヴィンチニュース

イラストを用いて、お猫さまのしっぽと姿勢の解説をしているページもあります↓

gendainyango_p108-109
出典:ダ・ヴィンチニュース

この手の猫ムック本はここ数年、手を変え品を変え、毎年かならず何冊か
発売されているので、ライバル冊子との差別化が難しそうですが、
70年の歴史を誇る『現代用語の基礎知識』の充実ぶりを考えると、
にゃんこ版の内容もかなり期待できそうですね。

来年以降も発売されるかどうかは謎なので、
ねこ本コレクターの方は、今のうちにゲットしておくのが良いかもしれません。
詳細は、以下の画像のリンク先でお確かめください↓





  現代にゃん語の基礎知識2018
  THE YEARBOOK OF THE CONTEMPORARY 
  SOCIETY ON CATS


   鈴木美紀 (著),‎ 山根明弘 (著),‎ 常安有希 (著),‎ 
   山本葉子 (著),‎ 芳澤ルミ子 (著),‎
   瀬戸内みなみ (著),‎ & 7 その他

   自由国民社 (2017/11/10)
 [単行本](ソフトカバー)


(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)


便利でペーパーレスな電子書籍もいいけれど、こういう本はやっぱり、
紙のページをめくりながら楽しみたいですよねぇ。
内容的にも、年末年始のテレビの特番に飽きた頃に
こたつで愛猫ちゃんとダラダラしながら読むといいんじゃないかなぁ。
個人的には、こたつの上のみかんのカゴの隣に置いておきたい1冊です♪
ひとまず本屋さんで実物をチェックしてみようっと!

関連記事はこちら↓
産経ニュース(11月25日):「かわいい」だけじゃだめなんです『現代にゃん語の基礎知識 2018』現代にゃん語研究会編
ダ・ヴィンチニュース(12月14日):にゃんとも楽しい猫の辞典、「現代“にゃん語”の基礎知識」 記念出版だにゃ!


thankyou5.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこほん | 13:32 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>