ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

うちの子の気持ちを疑似体験♪小説「通い猫アルフィー」シリーズ

あーあ、ねこねーさんは今日こそは、お友達をおうちに呼んで
荒れ放題のお庭のお手入れを手伝ってもらおうと思っていたのに、
昨日あれほど願をかけたにもかかわらず、またもや朝から雨模様。。

しかも、さっきまで強風吹き荒れる絶不調の悪天候だったし、
昨日より確実に冷え込んでいるんですけど(苦笑)
天気予報、ぜんぜん当たらないじゃーん!

というわけで、お庭の雑草バスター役のお友達の予約は、
申し訳ないけれどドタキャンださせていただいて、
庭仕事はお天気のいい日に仕切り直すことに。

思いがけず、またもや予定変更でブログを書く時間が稼げたので、
今日は雨の日にぴったりな本のご紹介でもさせていただこうと思います。

ブログ用の写真撮影は、わが家の書籍担当にゃんこのアンチョ先生に
ご協力いただこうと思ったのですが、いい感じにトトちんがベッドの上に
寝転がっていたので、この本はトトちんに紹介してもらおうかな?
大きなボディは、本をたてかけるのにピッタリですからね♪

はい、それでは、トトちん、よろしくお願いしますよー!

toto1_040917

お、素晴らしい!
トトちん、イントロのごあいさつはバッチリですよ。

トトちんのプレゼンを簡単にするために、まずは書籍の詳細について
ねこねーさんから、ざっくりご説明させていただくと…
この本は英国デヴォン州在住のレイチェル・ウェルズさんの小説
「通い猫アルフィー」シリーズの第1弾と第2弾。

先月開催された「ねこ検定」を受験された方は、教材の中で取り上げられていたので、
このグレーにゃんこの表紙に見覚えがあるんじゃないかな?




  通い猫アルフィーの奇跡
   (ハーパーBOOKS)

  レイチェル ウェルズ (著)
  中西 和美 (翻訳)

  ハーパーコリンズ・ ジャパン
   (2015/9/19)
  [文庫]



(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)






  通い猫アルフィーのはつ恋
   (ハーパーBOOKS)

  レイチェル ウェルズ (著)
  中西 和美 (翻訳)

  ハーパーコリンズ・ ジャパン
   (2016/8/17)
  [文庫]



(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)


じつは、ねこねーさんは、「ねこ検定」の勉強にとりかかる前から
この本を読み始めていたのですが、年度末のお仕事ラッシュ&「ねこ検定」の
試験勉強に追われて、2冊目をなかなか読み終えることができなかったのです。

でも、内容がつまらなかったとかいうわけでは全然なくて、むしろ、その逆。
先月は「早く続きが読みたいのに、でも読む時間がない!」というジレンマと
ひそかに戦っていたのでした(笑)

Amazonでのレビューも5つ星だらけの高評価。
猫好きさんなら、必ず引き込まれてしまう、その物語はというと…

元飼い猫のアルフィーが、飼い主さんとの死別により、のら猫生活を経て、
「通い猫」としての生き方を選ぶわけですが、この「通い猫」というのは、
特定の飼い主さんにお世話してもらうのではなく、複数のおうちに通って
それぞれのお宅でごはんをもらったり、可愛がってもらったりする、
ねこねーさんからすると、まぁ、かなりの「浮気猫」なのですわ。

でも、アルフィーのえらいところは、ただ単にいろんな人間たちに
媚を売っているだけではなく、その人間たちが抱える悩みを解決しようと
積極的に努めているところ。しかも、実際に問題を解決しちゃうのだから、
ニャンともあっぱれなにゃんこなのです。

物語は、すべてアルフィーの一人称で語られるので、
最初は、あたかも人間のような彼の思考に戸惑いを覚えるものの、
読み進めて行くうちに、すっかりアルフィー視線で物事を考えられるようになって
「もしかすると、うちの子も、普段こんなふうに思っているのかもしれない」と、
愛猫ちゃんへの妄想を広げて、勝手に悶絶してみたりして(笑)

少なくとも、ねこ飼いさんなら楽しめる小説シリーズだと思います。

でもねぇ、ねこねーさんは読みながら、アルフィー君はなんとなく
キジトラっぽいにゃんこなんじゃないかと思っていたのですが、
そういえば、表紙のにゃんこは、グレーのモフ毛。
しかも、かなりのメタボです。。

たしかに小説の中で、太ってきたからダイエットが必要…みたいな表現が
あったような気もしますが、食べ過ぎでちょっと太ったくらいに思っていたのだけど。
でも、表紙に描かれているってことは、これがアルフィー君なんですよね?
まさか、アルフィー君、わが家のトトちん並みの巨猫だったりして!?

toto2_040917

あ、トトちん…失礼しました(苦笑)

ちょっと気になったので、作者のレイチェル・ワイズさんの
本国の公式HPをさぐってみたら、英語版の小説の表紙は
ブリティッシュショートヘアっぽいデブ猫ちゃんの写真が採用されていますね。
Alfie's Blogというアルフィー君と思われるにゃんこのブログページには、
実際のお猫さまの写真が掲載されていますが、その子もやっぱりグレーにゃんこ。
でも、メタボではなさそうな?

うーん、ねこねーさんの思い描いていたアルフィー君は、
機敏に動ける賢くてスリムなにゃんこのイメージなんだけど。
どこかにアルフィー君の見た目についての記述はあったのかな?

toto3_040917

トトちん的には、アルフィー君は、
いろんなごはんが食べられるにゃんこという印象が強いみたいです(笑)

小説の登場人物は、読んだ人によって、それぞれ思い描くイメージが違いますから、
食いしん坊なトトちんにとっては、アルフィー君が食べるごはんのことが
何よりも印象深かったりするのでしょうか?

toto4_040917

あ、そんな具体的なメニューまで!
あんまり話しすぎると、ネタバレしますからね。
といっても別に、このお話はグルメにゃんこの小説ではありませんが。。

toto5_040917

トトちんは「通い猫」じゃなくて、ねこねーさんちの子ですから、
健康管理はバッチリさせていただきますからね!
それともトトちん、もしかして、のら猫時代に「通い猫」をして
美味しい思いをしていたことがあったりして?

totovivi1_040917

あら、ま。ビビ子さんまで、やってきましたよ。
ビビちゃん、今、トトちんに「通い猫アルフィー」シリーズの
レビューをお願いしてるんだけど。

totovivi2_040917

え、ビビちゃん、いつのまに?
ってか、ビビ子さんも本を読むんですね!

ビビ子姫、本を読んだ感想はどうでしたか?

totovivi3_040917

たしかに、2冊目はアルフィーの初恋のお話で、
近所に引っ越してきた超絶ビボーのにゃんこに一目惚れして
なにかにつけて「キレイだ」「キレイだ」って言ってますからね。
しかも、相手は三毛猫の永遠のライバル、白猫ちゃん。

totovivi4_040917

思いっきり白猫ちゃんをディスっているビビ子さんですが、
本そのものについては、お墨付きと思っていいのかな?

それからトトちん、何度も言っておきますが、
これはグルメ本ではありませんからね!

それにしても、おふたりさん。
にゃんこって、トトちんやビビちゃんみたいに、
飼い主さんの蔵書を読んだりするものなの?

ねこねーさんは、トトちんもビビ子さんも
「通い猫アルフィー」のことを知っていて意外だったんだけど。

totovivi5_040917

あ、別に問題はありませんが。。

ねこ飼いさんにイチオシのにゃんこ小説「通い猫アルフィー」シリーズ。
おうちに置いておけば、愛猫ちゃんがアルフィー君を見習って、
飼い主さんの悩みや問題を解決してくれるかもしれませんよ♪

「ねこ検定」の教材で見て気になっていた方も、
これを機会にぜひ読んでみてください。オススメですよー!


thankyou7.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこほん | 14:45 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ねこ絵本で歌舞伎を学ぼう!「どこじゃ? かぶきねこさがし」

世の中的には、今日は「プレミアムフライデー」。
毎月最終週の金曜日は午後3時に退勤しよう!と政府と経済界が提唱する
個人消費喚起キャンペーンの初日です。

どれだけの企業が、この呼びかけに応じるかは不明ですが、
実際に「プレミアムフライデー」が実施される会社は、かなり少数派とのこと。
まぁ、たしかに忙しい時は、仕事を無理やり3時に切り上げて、
宿題を残したまま街に繰り出すよりも、翌朝ゆっくりできる金曜こそ、
今週分の仕事をじっくりやり終えてから、飲みに出かけたいかも。

ねこねーさんの職場はフレックス制度を導入しているので、
「プレミアムフライデー」はまったく関係ないのですが、
今日はめずらしく仕事の手が空いているんですよねぇ。

週末もちょっとお仕事しなくちゃだし、来週からまた忙しくなりそうなので、
今日は自主的に「プレミアムフライデー」ってことにして、
午後は早めに退社して映画でも観に行こうと思っています♪

市場への効果のほどを疑問視する声も少なくない「プレミアムフライデー」ですが、
個人的には、映画とかお芝居とかのエンターテインメントを楽しむには
とてもいい制度だと思います。会社帰りに劇場へ向かうと、
開演時間ギリギリになってしまうことも多いので、3時上がりがOKだと、
街中でぶらぶらとお買い物をしてから会場に行けますから。
歌舞伎とかは、夜の部の開始時間も早いみたいだし、
カルチャー志向の方には利用価値の高い制度なんじゃないかな?

ということで、はい、やっと今日のブログの本題です(笑)

本日ご紹介するねこネタは、
講談社から2月22日の「猫の日」に出版されたばかりの新作絵本、
『どこじゃ? かぶきねこさがし かぶきがわかるさがしもの絵本』です↓

kabukinekosagashi_main
出典:PR Times

この表紙のイラストとタイトルからもお分かりのとおり、
歌舞伎とにゃんこがコラボした和風テイストの絵本で、
歌舞伎役者にゃんこのイラストがぎっしり詰まった、
見ているだけで楽しくなっちゃう本なのです。




   どこじゃ? かぶきねこさがし
     かぶきがわかるさがしもの絵本
      (講談社の創作絵本)

     瀧 晴巳 (文)
     吉田 愛 (絵)
     松竹株式会社 (協力)

     講談社 (2017/2/23)
   [単行本]


(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)

そもそも、にゃんこは歌川国芳などの浮世絵にもたくさん描かれていることもあり、
歌舞伎との相性はバッチリ!斬新な発想でありながら、違和感なく見れてしまいます。

たくさんのイラストの中から特定のイラストを探し出す、
いわゆる『ウォーリーをさがせ!』タイプの絵本なのですが、
この本のスゴいところは、それだけではありません。

初心者にはとっつきにくい歌舞伎のあらすじや登場人物について、
にゃんこのイラストを見ながら楽しく学べてしまうのです。

取り上げられているのは、以下の人気の5演目:
「勧進帳(かんじんちょう)」
「義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)」
「仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)」
「青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)」
「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)」

たとえば、こちらは「義経千本桜」のあらすじ解説ページ↓

kabukinekosagashi_sub1
※画像をクリックすると大きな画面でご覧いただけます。 出典:PR Times

そして、登場人物についても、それぞれの名台詞といっしょに
ていねいに紹介されています。もちろん、絵本なので漢字はフリガナ付き↓

kabukinekosagashi_sub2
※画像をクリックすると大きな画面でご覧いただけます。 出典:PR Times

この本の醍醐味である「どこじゃ?さがしてみよう!」のページは、こんな感じ↓

kabukinekosagashi_sub3
※画像をクリックすると大きな画面でご覧いただけます。 出典:PR Times

探し絵としての難易度はお子さまレベルのようですが、
大量に描かれている歌舞伎にゃんこたちの表情をひとつひとつ
チェックしているだけで、時間を忘れてイラストに見入ってしまいます。

講談社イチオシ本の1冊なのかな?PR動画もあるんですよ↓



ねこねーさん自身は、歌舞伎は学生時代に学校の文化講座か何かで
観に行ったことしかないのですが、歌舞伎好きのお友達は何人かおりまして、
話を聞くたびに興味をそそられるのですが、時間的にも金銭的にも、
どハマりすると危険なので、できるだけ近づかないようにしています(笑)
でも、こんな絵本を観てしまうと、気になってしまうではないか!

歌舞伎の入門書としても利用できそうな「どこじゃ? かぶきねこさがし」。
ねこ好きさんにも、歌舞伎好きの方にも、両方大好きな方にも、
とにかく絵本ならなんでも好きなお子さまにも、幅広く楽しんでいただけそうです。
ねこねーさんも、今日の会社帰りもでも、早速本屋さんで立ち読みしてみようかな?

参考記事はこちら↓
PR Times(2月22日):
歌舞伎入門におすすめ!「ねこづくし」の歌舞伎絵本、2.22「猫の日」発売!

ナタリー(2月22日):今日は猫の日!「かぶきねこ」づくしな絵本が発売
はてなニュース(2月22日):歌舞伎の人気演目を“猫”で学べる絵本 「義経千本桜」「菅原伝授手習鑑」などを収録


thankyou5.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこほん | 13:22 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【追悼】絵本作家ディック・ブルーナさん 『こねこのねる』

今週末こそ、たまりにたまった雑用を片付けようと、気合いが入っていた
ねこねーさんなのですが、スマホで朝のニュースをチェックして、
心にポッカリ穴があいたような気分になってしまいました。

多忙モードの本日は、ブログのほうはサクッと手短に
更新しようと思っていたのですが、心の穴を埋めるためにも、
やはりここはひとつ、ばっちり特集させていただかなくては!
というわけで、トトちんに撮影協力してもらいました。

トトちんは、この絵本、知ってるかな?↓

toto1_021817

そのうさちゃんは、ミッフィーちゃんっていうんですよ。
昔は、日本では「うさこちゃん」と呼ばれていました。
オランダ人のグラフィックデザイナーで世界的に有名な絵本作家の
ディック・ブルーナさんが生みの親なんですよ。

そのブルーナさんが、一昨日の2月16日に89歳で天に召されました。
絵本好きのねこねーさんにとって、この訃報はけっこうな打撃で、
朝からなんだか寂しい気持ちでいっぱいなのです。



もちろん、ご高齢だし、89歳は天寿を全うされたといっていい年齢ですが、
最近はご長寿でも現役バリバリで活躍されている作家さんが
多くいらっしゃいますから、ブルーナさんにもまだまだたくさんの
ミッフィーちゃんたちの絵を描きづけていただきたかった。

ねこねーさんは、英国留学時代にロンドンの本屋さんで開催された
ブルーナさんのサイン会に足を運んだことがありまして、
トトちんが眺めているのは、その時にサインしていただいた絵本なのです。

toto2_021817

このサイン本については、「ねこねこNEWS」でも
すでにご紹介したことがあると思っていたのですが、
過去記事を検索しても出てこないので、もしかしたら今回が初公開かもしれません。

日本でブルーナさん並みの絵本作家がサイン会を開くとなると、
長蛇の列ができてしまって大変ですが、ロンドンでは大物作家や有名人のサイン会が
さりげなく開催されることが多く、この時も本当にブルーナさんが来るのかどうか
あやしいほど、館内はいつもどおりのまばらなお客さん。

日本からわざわざやって来たっぽい熱烈ファンの方が数名目についた以外は、
ごくごく普通の本屋の絵本売り場の光景で、「これからブルーナさんご本人が
目の前にやって来る!」という、ねこねーさんの大コーフン状態とは
見事に温度差がある感じでした(笑)

もうかなり昔のことなので、よく覚えていませんが、ねこねーさんも、
たまたま本屋の張り紙か何かを見てサイン会を知っただけなので、
本当にブルーナさんが来るのか、不安に思ったのですが、
サイン会の時間になって登場したのは、見間違うことのない
立派なおヒゲをたくわえたブルーナさんご本人!

大好きな、そして偉大な作家さんなので、いやー、もう、緊張しましたよー!
サイン中のブルーナさんのお写真、公開しちゃっても大丈夫かなぁ。
キンチョーしていた割には、けっこうキレイに撮れていました↓

dickbrunawhsmith

サイン中も特にお話することはありませんでしたが、
ブルーナさん、とっても素敵な紳士でした。

ロンドンのWHSmith行われたブルーナさんのサイン会は、
開始してからしばらくたって、やっとそれなりの賑わいに。
ミッフィーちゃんの着ぐるみも登場して、会場を盛り上げておりました。

というわけで、トトちん。
そのうさちゃんの絵本は、ねこねーさんの宝物なの♪

toto3_021817

あ、トトちんは、サインより、おヒゲのほうが気になりますか(笑)

ちなみに、うさぎのミッフィーちゃんで有名なブルーナさんですが、
にゃんこが主役の絵本もあるんですよ。それが、こちらの『こねこのねる』↓
「いんであん」になりたい子猫のねるちゃんのお話です。





 こねこのねる
  (子どもがはじめてであう絵本)


  ディック・ブルーナ (著)
  いしい ももこ (翻訳)

  福音館書店; 改版 (1968/11/15)
   [単行本]




(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)


ねこねーさんも、じつはこの絵本は読んだことがなかったのですが、
YouTubeに読み聞かせ動画がアップされているのを発見!
中身が気になる方は、見てみてください↓



にゃんこ以外のイラストも秀逸ですね。
なにより「いんであんになりたい」という、突飛な発想がたまりません♪

でも、ブルーナさんのねこの絵といえば、このねるちゃんよりも、
黒猫のイラストのほうが有名かも?

2年前の「猫の日」に向けて投稿された日本の公式サイトのブログには、
こんな記事がありました↓

みみよりブログ(2015年2月19日):「ね こ」 の 日 の 考 察

ブルーナにゃんこのぬいぐるみ、ねこねーさんもひとつほしいなぁ。

ブルーナさんが他界されたのは非常に悲しく残念ですが、
おそらくは今年は、ブルーナさん特集の本の出版とか展覧会とか、
いろいろありそうで、ファンとしてはうれしいような、悲しいような、
うーん、でもやっぱり今は、悲しいなぁ。。

toto4_021817

そうですね、ブルーナさんは天使の絵もた描いていますもんね。
そして、お空の上でもいいので、やっぱり、にゃんこの絵も
もっとたくさん描いてほしい(笑)

シンプルな線と絶妙な配色で独特の絵本の世界を展開した
ディック・ブルーナさん。心からご冥福をお祈りいたします。


thankyou6.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこほん | 14:11 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>