ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

>> EDIT

BLE電波で迷い猫を発見!6月19日提供開始「ねこもに」

近年のテクノロジーの進化の速さに、まったくついていけないでいる
ねこねーさんなのですが、ついていきたい!と
ちょっと思ったのが、今日ご紹介する新サービスです。

それが、6月19日にサービス提供が開始される
ねこさがし IoTサービス『ねこもに』。

nekomoni01_s
Photo:ねこもに

迷い猫の居場所を地図上で確認できる位置情報サービスの進化版です。

BLE(Bluetooth Low Energy)電波を発する専用の発信機を装着した
にゃんこが迷子になると、専用アプリを利用して電波の出処を特定。
スムーズな発見・保護につなげることができます。

既存の迷いペット防止用のGPS首輪は、通信料がかかったり、首輪が重かったりで、
なかなか利用に踏み出せない感じでしたが、今回の「ねこもに」は、
低消費電力の通信規格「Bluetooth Low Energy」(BLE)を採用。
専用アプリも無料なので、スマホをお持ちの方なら、
発信機さえ購入すれば、その後のお金の心配は不要。

しかも、専用の「ねこもに発信機」は小型軽量!
こちらのぬいぐるみにゃんこの首からぶら下がっている白い物体が、
その発信機なのですが、重さはわずか10g!軽っ!
にゃんこの首に装着するにはまだ若干大きめですが、
ギリギリOKなサイズだと思います↓

nekomoni_06
Photo:ねこもに

うーん、でも、飾りっ気のない消しゴムみたいな見た目ですねぇ(苦笑)
できればデザインのほうも、もう少し、最先端テクノロジーの塊に
ふさわしいものにしてほしかったような…↓

nekomoni_front_01
Photo:INTERNET Watch

と、思われるオシャレにゃんこのみニャさんには、こんな別売りケースも
用意されているようです。なんだか、エアメールみたいですね♪↓

nekomonicase_front_01.
Photo:INTERNET Watch

迷子のにゃんこを探す際のアプリ画面は、
まさにGoogleマップの現在位置表示みたいな感じ↓

nekomoni02_s
出典:INTERNET Watch


プレスリリースによると、発信機が発するBLE電波の通信有効距離は最大約75m。
その範囲内に発信機を付けたにゃんこがいると、アプリの地図上に
ねこがいそうなエリアが推定表示されます。

さらにその表示されたエリアに近づくと、位置推定が繰り返されることで、
エリア特定精度が向上。居場所が絞られていき、にゃんこ発見!と相成るわけです。

その他、専用アプリには、にゃんこと飼い主さんの関係を見える化する
「ふれあいメーター」機能なるものが搭載されるようなのですが、
専用サイトを見ても詳しい説明がなくて、いまのところ、
なにがどう計測されてるのかは不明です(苦笑)

こちらは「ふれあいメーター」のイメージ図↓
何なんでしょうねぇ、コレ。

nekomoni03_s
出典:INTERNET Watch


ちなみに、今年の「猫の日」2月22日には、「ねこもに」公式Twitterから
こんなツイートが投稿されていたようです↓


そして、4月には「ねこもに」キャラクターに関する情報も↓


位置特定の精度が良ければ、なかなか良さげな「ねこもに」ですが、
気になるのは、そのお値段。いずれも税別・送料別で、
ねこもに発信機が5900円、発信機ケースが1200円です。

多頭飼いのおうちでは、発信機×ねこの頭数ということになって
けっこうなお値段になりますが、これで迷い猫対策ができるのなら、
悪くない価格設定かも。でも、電池の寿命が約1年ということなので、
もしかすると電池が切れたら、発信機をまるごと買い換えないといけないのかなぁ。
だとすると、既存のGPS首輪の受信料と大して変わらないことに???

まだ発売前なので、詳細が不明で、
いまいちよくわからない点も多い「ねこもに」ですが、
気になる方は、公式サイトやSNSをチェックしてみてください↓

公式サイトねこもに

SNSはこちら↓
Facebook / Twitter

実際に「ねこもに」を使っている説明動画とかもアップされるといいんだけどなぁ。

わが家の場合、数年前にルビちゃんが真冬にベランダから失踪して
大変な思いをしましたし、トトちんとビビ子さんもベランダから落っこちたことが
あるので、できればアンチョ先生以外の全員に「ねこもに」をつけておきたい
ところですが、ルビちゃんとトトちんは首輪NGだしなぁ。。
お値段的な問題以前に使えないのが残念です。

ちなみにアンチョ先生は、万一お庭に出てしまった場合でも、
玄関先で待っていられるので、心配無用。
そういうところは、さすが英国紳士!できたにゃんこなのです(笑)

ルビ+ビビ姉妹は、室内迷い猫化することが日常茶飯事なので、
家の中での位置特定が可能であれば、雲隠れしやすいビビ子さんに
お試しでつけてもらうのもアリなのですが、プレスリリースの注釈には
「専用アプリのねこをさがす機能は、屋外での使用を想定しています」とあるので、
家の中だと意味がないのかなぁ…とも思ってみたり。

でも、IoTがこういう形で、迷い猫対策に寄与してくれるのは
非常にありがたいですね。今後はぜひ、室内迷い猫対策のお手頃価格の
探知機の開発もお願いします!

できれば、乙女にゃんこのビビ子さんがよろこびそうな
ピンクのおリボン型デザインがいいなぁ(笑)

関連記事はこちら↓
INTERNET Watch(4月25日):猫探しIoTサービス「ねこもに」提供開始、専用BLE発信機は5900円
マイナビニュース(4月25日):オープンストリーム、迷い猫を探すIoTサービス「ねこもに」を提供
SankeiBiz(4月25日):IT技術で「迷い猫ゼロ」に貢献 ねこさがしIoTサービス「ねこもに」2017年6月19日提供開始

【追記】
おうちの中のにゃんこの居場所を特定するには、もしかすると、これがいいのかな?
あとでじっくり調べてみようっと!↓
えんウチ(2015年11月22日):ネコがどの部屋に隠れているか?を教えてくれる「TrackR atlas」


thankyou3.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこもの | 14:09 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「猫のお寺の知恩さん」4巻発売記念☆フォトコンテスト開催中!

こないだの週末に地元のTSUTAYAで、
コミックレンタル7泊8日・1冊50円キャンペーンを展開していたので、
『3月のライオン』の全巻借りをしてみたねこねーさんです。

今日から通勤電車の中で読み始めましたが、
やはり名脇役の川本家のニャーたちがいい味を出していますね♪

『3月のライオン』はカテゴリー的には青年マンガなのですが、
将棋という渋いモチーフを扱っているものの、絵のタッチとストーリーは
少女マンガチックで、ねこねーさんでもとっつきやすいマンガです。

ひさびさにコミックスを読み始めたので、
「ねこねこNEWS」でもマンガネタをご紹介しようと思うのですが、
今回取り上げるのは、『3月のライオン』同様、たくさんのニャーたちが暮らす
お寺を舞台にしたオジロ マコト氏が手がける少年マンガ。
現在「週刊ビッグコミックスピリッツ」で連載中の『猫のお寺の知恩さん』です。






    猫のお寺の知恩さん 1
    (ビッグコミックス)


    オジロ マコト (著)

      小学館
      (2016/8/30)
    [コミックス]



(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)

といっても、いつものように、ねこねーさんは昨日ネットで関連ニュースを読むまで、
まったくこのマンガのことを知らなかったんですけど(笑)

でも、小学館のHPで試し読みができるようなので、
早速どんな感じなのか、探ってみました。

絵柄も嫌いタイプじゃないし、HPのキャラクター紹介のコーナーに掲載されている
にゃんこたちの表情がとてもいい!これは期待できるかも♪と思ったのですが、
おお…そう来たか!ひさびさに見た、男子高校生視線のちょいエロ少年マンガ。
ヒロイン役のおねえさん、知恩さんのオシリの大きさが、すべてを物語っています(笑)

物語は、地元を離れて田舎の高校に進学するために、猫がたくさんいる
遠い親戚のお寺に下宿することになった16歳の少年・須田源(すだ げん)君が
主人公のラブコメディ。そのお寺で同居することになる3つ年上のおねえさん、
古寺澤知恩(こてらさわ ちおん)さんに、思春期まっただなかの源君が
ドギマギ&モヤモヤするという、お話のようです。

というわけで、コミックスの描写の中には、
男子高校生らしい甘酸っぱいお色気要素がところどころに(笑)

第1巻の表紙でも、知恩さんは胸元の開いたタンクトップ姿で
腰のあたりをチラ見せしながら、無防備にお昼寝していたりするわけですな↓

news_xlarge_chionsan1
出典:コミックナタリー

2巻の表紙も、無防備部屋着の定番、短パン姿でお約束の体育すわり↓

news_xlarge_chionsan2
出典:コミックナタリー

3巻の表紙は、知恩さんちのにゃんこ、まゆげちゃんの存在感が際立っている
ねこ好きさんサービスカットなのですが、その背後には、洗濯物を干している
知恩さんが、顔よりもお尻が目立つ見返り美人風のポーズで佇んでおります↓

news_xlarge_chion3
出典:コミックナタリー

6月30日頃に発売される最新刊の第4巻の表紙では、
どんな知恩さん&にゃんこたちが拝めるのか、否が応でも気になるところですが、
今までに3冊出ているコミックスのAmazonカスタマーレビューは軒並み高評価。
作品紹介にも書かれているとおり、少年マンガと言っても「のどかでソワソワ」する
ほっこり度の高い「縁側ラブコメ」みたいです。

気になるねこ度合いについては、ちゃんと読んでいないのでイマイチわかりませんが、
おそらく『3月のライオン』みたいに、主役のふたりのドギマギストーリーが中心で、
にゃんこは控えめ、でも、ニャーたちがいい感じの味付けになっている、
といった感じなのではないでしょか。
それとも意外と、にゃんこ露出度多めだったりするのかな?

気になる方は、以下の小学館の公式サイトで試し読みした上で、
GWにでも読んでみてください↓

小学館 スピネット『猫のお寺の知恩さん』

で、ねこねーさんが今回一番にお伝えしたかったのは、
この『猫のお寺の知恩さん』関連のフォトコンテストについて↓

news_xlarge_chionsan_neko
出典:小学館 スピネット

じつは昨日から5月15日まで、コミックス第4巻の発売を記念して、
読者の皆様の愛猫ちゃんの写真を募集するフォトコンテストが開催されているのです♪

詳細は上記の小学館サイトおよび以下の関連記事のリンク先で
ご確認いただきたいのですが、晴れて大賞に輝いた2匹のにゃんこは、
『猫のお寺の知恩さん』漫画本編にエクストラ出演しちゃうそうです。

オジロマコト氏の描くねこ絵は、かなりリアルなタッチなので、
おうちの子の再現度は、バッチリでしょう。
他にも1名、イラスト賞として応募写真をイラスト化してくれる賞もあるみたいだし、
オジロ作品ファンのねこ飼いさんには、ぜひ応募していただきたいなぁ。

chionsan02_20170424
出典:小学館 スピネット

関連記事はこちら↓
コミックナタリー(4月24日):あなたの愛猫が「猫のお寺の知恩さん」に出演!フォトコンテスト開催

ねこねーさんは、まずは読み始めたばかりの『3月のライオン』を読破して、
『猫のお寺の知恩さん』のほうは、4巻目が出てからまとめ読みしてしようかな。
とりあえず、新刊の表紙イラストのにゃんこと知恩さんのポーズが気になる
ねこねーさんなのでした(笑)


thankyou2.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこほん | 13:11 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【アブダビ発】高速道路の片側4車線を封鎖した子猫救出劇!

土曜日の登山の筋肉痛が今まさにピークに達していて、
今日は妙に歩き方がぎこちないねこねーさんです。ああ、太ももが痛い。。

雨に降られてしまって散々だった登山の帰り道、
ひさびに地元で、お外暮らしの白猫が走行中のクルマの間をかすめるように
大通りを横断しているのを目撃。「危ないよー!」とおもわず声に出して
叫んでしまったのですが、その時の残像が目に焼き付いていたせいなのか、
今朝も通勤時に同じ場所を通る時に、あの時の白猫ちゃんがクルマに
轢かれているのではないかと思って、ドキドキしてしまいました。

外歩きのお猫さまたちは、道を渡る時には無謀なことはせずに、
クルマの気配がゼロになってから渡り始めてくださいよ。
お願いしますよー、本当に。。

埼玉の住宅街で、ねこねーさんがヒヤヒヤしている一方で、
日本から8,000km離れたアラビア半島で、
にゃんこのために高速道路の片側4車線を完全封鎖してしまったのが、
アラブ首長国連合のアブダビ民間防衛(Abu Dhabi Civil Defense)のみなさまです。

今回ご紹介するこのニュースは、救出されたにゃんこのアップ映像もなく、
絵的にとても地味なので、通常ならスルーしてしまうところですが、
迷い猫救出劇としてのスケール感は桁違い!
地元の白猫ちゃんの件もあってツボに来たので、
採用させていただくことにいたしました。

まずはいつもどおり、動画をご覧いただく前に、
スクリーンショットで解説させていただくと…

アブダビの高速道路で子猫が救出されたのは、先週の木曜日の朝のこと。
子猫がいたのは、片側4車線、往復8車線の大規模な高速道路のどまんなか。

どうしてこんな場所ににゃんこがいるのか、理解に苦しむのですが、
とにかく、その黒猫ちゃんは猛スピードで途切れなく通過するクルマの迫力に
怯えるように、中央分離帯の脇にちんまりと身を縮めていたのです。

でも動画を見ると、なにやら様子がおかしいような…
反対車線には、ビュンビュンとクルマが走りまくっているのに、
子猫がいる手前の4車線には、クルマの気配は一切なし。

唯一確認できるのは、左手奥に止まっているレスキュー隊の専用車両3台と
そのクルマから降りてきたと思われる、物々しいユニフォームの隊員4名↓

rescuekittenuae1
Photo:Instagram

高速道路の片側全面封鎖といい、重装備の隊員といい、
あたかも爆弾処理現場のような極めて深刻な事態を思わせる情景なのですが、
このたびの「爆弾」は、危険物というには、あまりにか弱い、
路上で縮こまる黒いモフ毛の塊なのです↓

rescuekittenuae2
Photo:Instagram

パッと見、猫だか、ゴミだか、よくわからない黒い物体ですが、
それがにゃんこであることは、こちらのカットをご覧いただければおわかりかと↓

rescuekittenuae3
Photo:Instagram

今までにも「ねこねこNEWS」では、高速道路や交通量の激しい路上での
迷い猫救出劇についてご紹介してきましたが、こんなに大々的に助けてくれたケースは
今回がはじめてだと思います。日本だとこういう場合、どうするのでしょうか?
やっぱり全面封鎖して対応してくれるのかなぁ?

これだけの車線数の高速道路を、一時的にでも封鎖するのって、
よっぽどのことがない限り、難しいですよね、普通…↓

rescuekittenuae4
Photo:Instagram

そうじゃなくても交通渋滞が頻繁に起こる日本の高速道路で、
こんなことをしたら、大ブーイング大会になって、
ネット上で猫派とそうじゃない派のバトルが繰り広げられそうですが、
アブダビの民間防衛&交通パトロール隊員たちの今回の救出劇は、
ニュース報道を読む限りでは、賞賛の的として報道されたようです。

高速道路の安全を維持しながら、無事に子猫の命を救うことに成功した彼らは、
常日頃から、人道主義と動物福祉の精神の両方を大切にしながら、
活動を続けているのだとか。

にゃんこ1匹のレスキューに専用車両3台でかけつけるあたりは、
「もしかして、この人たち、お仕事ヒマなのかしら?」と
思ってしまったりもするのですが、きっとそれは、ねこねーさんの心が
邪(よこしま)だからに違いありません。

ピュアな気持ちでご覧いただきたいレスキュー動画はこちらです↓



まったく同じ動画ですが、せっかくなので、
Instagram投稿バージョンもリンクさせていただきます↓


関連記事はこちら↓
Gulf News(4月20日):Video of cat saved by Abu Dhabi Civil Defence goes viral
Jalopnik(4月21日):Heroes Close Four Lane Highway To Rescue An Adorable Little Kitten


いつも思いますが、イスラム圏の方々は、にゃんこに優しい。
イスラームとネコ」については、Wikipediaにも記載があるほどです。

イスラム圏の人々の宗教と文化に根付いたねこたちとの関係は、
日本人のねことの関係とまた違うのかもしれませんが、
小さな命を尊ぶ気持ちは同じです。

自動運転の精度があがって、近い将来、
交通事故で命を落とす動物たちの数が(もちろん、人間の数も!)
減少すればいいなぁ。テクノロジーの恩恵でより安全な未来が実現するまで、
ドライバーのみなさんは、くれぐれも、にゃんこの急な飛び出しには、
注意してあげてください。


thankyou1.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこにゅーす | 13:04 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>